人物

安倍昭恵はバカなの?病気?大分旅行のメンバーと場所は?

こんにちは。

昭恵夫人が、桜の木の下ランチ会に続き、またやらかしてしまったようです。

安倍首相が、新型コロナウイルスから「自らの身を守る行動を」と全国民に警戒を呼びかけた翌日の3月15日、昭恵夫人が大分に旅行していたことが報じられました。

森友問題、桜を見る会、と散々世間を騒がせたにも関わらず、安倍首相の足を引っ張る行為が止まらないことに、一部では「バカなの?それとも病気なの?」と呆れや怒りを通り越して心配する声が上がるほどになっています。

そこで、今回は、「安倍昭恵はバカなの?病気?大分旅行のメンバーと場所は?」と題しまして、昭恵夫人の大分旅行についてまとめてみました。

大分旅行のメンバーと場所は?

昭恵夫人が訪れたのは、大分県宇佐市の宇佐神宮。全国4万600社の「八幡さま」を束ねる総本宮です。

宇佐神宮は、国宝や重要文化財などの建造物が数多くあり、年間で約150万人が訪れています。神秘のパワースポットとしても人気の場所で、女子旅特集などにも登場しますね。

三大パワースポットは、夫婦石、ご神木の大楠、願掛け地蔵、と言われています。
なかでも、ご神木の大楠はEXILE(エグザイル)のUSA(うさ)さんが、アルバムのミリオンセラーを祈願したことで一躍有名になったそうです。

昭恵夫人は午前10時半ごろに宇佐神宮へ到着し、宮司の出迎えを受け、約50人の団体と一緒にお祓いや祈祷といった神事に参列したそうです。

その間、マスクも着用せず、お祓いや祈祷時にも、隣の人との間隔を開けて座るなどの対応はなかったと目撃されています。
安倍首相が「ソーシャル・ディスタンス」、「三密を避けて」と連日のように呼び掛けていましたが、奥様には全く届いていないようですね。

参拝に同行したメンバーは、医師の松久正氏が主催するツアーの一行と報じられています。

〈神ドクター降臨 in Oita〉と銘打たれたツアーを主催する松久氏は、慶応大学医学部出身で「ドクタードルフィン」「変態ドクター」などと自称し、鎌倉市内で診療所を経営しながら、講演やYouTubeでも活動している人物だ。(引用元:週刊文春)

同氏によると、ツアーに参加したのではなく、現地で合流したとのことです。

「どこでツアーをお知りになったのかは分かりませんが、昭恵さんから『コロナで予定が全部なくなっちゃったので、どこかへ行こうと思っていたんです。宇佐神宮へは前から行きたかった。私も参拝していいですか』とご連絡をいただきました。
(引用元:週刊文春)

バカなの?病気なの?と心配する声

この報道を受けて、昭恵夫人に対して呆れや怒りを通り越して、心配するコメントが数多く投稿されています。

この報道が真実だとすれば、軽率であったことは否めないでしょう。
ファースト・レディという自覚はないのでしょうか。。。

まとめ

今回は、「安倍昭恵はバカなの?病気?大分旅行のメンバーと場所は?」と題しまして、昭恵夫人の大分旅行についてまとめてみました。

昭恵夫人が訪問した場所は、大分県宇佐市の宇佐神宮です。全国4万600社の「八幡さま」を束ねる総本宮で、神秘のパワースポットとしても人気の神社です。

参拝に同行したメンバーは、医師の松久正氏が主催するツアーの一行と報じられています。

この報道を受けて、「少し病気なのでは?」とか、「何か知的な障害というか、軽度かもしれないけどそういう病気なんじゃないかと思ってしまう」などの呆れや怒りを通り越して心配する声も上がっています。

これ以上、国民感情を逆なでするような、国民を心配させるような行いのないことを祈ります。

今回はここまでとさせていただきます。
最後までお読みいただきありがとうございました。

昭恵夫人は世間知らずで空気読めないお嬢様?発達障害との噂も!こんにちは。 新型コロナウィルスの拡大が止まらないなか、安倍首相の夫人、昭恵さんの自由すぎる行動に批判が集まっています。 手...