話題

渡部建の会見はいじめみたい!記者の質問や三蜜状態に避難の声!

12月3日午後7時から始まった渡部建さんの記者会見は、囲み取材形式で行われました。

渡部さんをはさむように記者が両側に6~7人くらいいたように見えました。

会見は約1時間45分ほど続きましたが、視聴者からは、「謝っている人に対する集団いじめみたい」、「記者の質問がしつこい」「めっちゃ密になってる」と言った否定的なものが多いように感じました。

今回は、「渡部建の会見はいじめみたい!記者の質問や三蜜状態に避難の声!」と題してお届けします。

記者会見のフル動画と全文内容まとめはこちら

渡部建の会見はいじめみたい

ただただ謝っている人に対して、集団で質問を浴びせる姿は、たしかにいじめのように見えます。

皆さんのコメントも紹介しますね。


 

記者の質問がしつこい

「申し訳ありませんが、答えられません」という内容に対しても、別の記者が質問していました。

渡部さんの立場上、事務所やTV局、妻の佐々木希さんがどう思っているか、など答えられるはずがないことは、芸能レポーターの方たちが一番よくわかっているはずですよね。

こうなってくると、パワハラでは?とも思えてきます。

三蜜状態にも避難の声

会見の内容も散々でしたが、まったく距離を取らない取材の形にも非難が集まっています。

これは、誰がどう見ても「蜜」状態ですよね。

マスクをしてフェースシールドをしているとしても、この距離で2時間弱です。

記者の方々は6時には集まっていましたから、約3時間です。

まとめ

今回は、「渡部建の会見はいじめみたい!記者の質問や三蜜状態に避難の声!」と題してお届けしました。

「答えられない」という内容についてしつこく問いただす記者たちの姿勢に、気分を悪くした視聴者も多かったようです。

上手くいった謝罪会見なんてないのかもしれませんが、これは誰一人すっきりしない会見だったのではないでしょうか。

また、会見の形式も囲み取材ということで、渡部さんの周りは明らかな蜜状態でした。

もしここで集団感染でも発生してしまったら、、、と思うと。。。

今回はここまでとさせていただきます。

最後までお読みいただきありがとうございました。