話題

台風14号(2020)は関東・東京にいつ上陸?進路予想と影響も!

2020年10月5日、台風14号(チャンホン)が発生しました。
チャンホンって、ちょっと面白い名前ですよね。
これは、ラオスの言葉で、熱帯性常緑樹のビャクダン(白檀)を意味するそうです。

10月5日(火)に発生したものの、ゆっくりゆっくり進んでいます。

今回は、「台風14号(2020)は関東・東京にいつ上陸?進路予想と影響も!」と題しまして、台風14号についてお伝えします。

台風14号の進路予想

日本の南で発達中の熱帯低気圧が、10月5日に、台風14号(チャンホン)になりました。

このままゆっくりとしたスピードで10月9日(金)にかけて北上を続けたあと、週末には東に向きを変えて本州にかなり接近すると予想されています。

台風14号が接近する前から前線の活動が活発になって西日本や東日本で大雨になるおそれがあり、警戒が必要と報じられています。

今年は台風が少ない気がしますが、秋が深まるにつれて、気圧配置の関係で本州方面に近づく台風も増える可能性があるそうなので、気はぬけないですね。

台風14号が関東・東京に上陸するのはいつ?

台風14号が関東・東京に影響を与えるのは、週末の10月10日(土)から11日(日)にかけてと予想されています。

台風と秋雨前線は典型的な秋の大雨パターンだそうです。

既に、JR東海が計画運休の可能性を発表しています。

東海道新幹線は、10日昼頃から、東京駅~新大阪駅間で、通常より本数を減らして運転したり、運転を見合わせたりする可能性があるとしています。

JR東日本も、10日の夕方から11日の昼ごろにかけて千葉県内を走る路線で列車の運休や遅れが生じるおそれがあるとしています。

残念ですが、この週末のお出かけの予定は仕切りなおした方が良さそうですね。

まとめ

今回は、「台風14号(2020)は関東・東京にいつ上陸?進路予想と影響も!」と題しまして、台風14号についてお伝えしました。

10月5日に発生した台風14号はゆっくりとしたペースで北上しています。
このまま進むと、秋雨前線ともあいまって、関東にも大雨をもたらす予想です。

関東・東京では、週末の10月10日(土)から11日(日)にかけて影響が心配されています。

今回はここまでとさせていただきます。

最後までお読みいただきありがとうございました。