話題

石原さとみの結婚はなぜこのタイミング?創価学会と関係ある?

10月1日、石原さとみさんが結婚を発表されました!
芸能界に久々の明るいニュースがもたらされましたね。

独身大物女優として常に筆頭に名前のあがる石原さとみさんですので、衝撃も大きく、SNSは「俺以外の奴」「俺のさとみ」「一般人だと?」みたいなコメントで溢れかえっていましたよね。

それにしても、入籍はこれから、同居・妊娠はしていない、式・披露宴は未定なのに、なぜ発表がこの時期だったのでしょう?

今回は、「石原さとみの結婚はなぜこのタイミング?創価学会と関係ある?」と題してお届けします。

石原さとみの結婚はなぜこのタイミング?

石原さとみさんは、入籍はこれから、式・披露宴も未定、同居も妊娠もしていないというのに、なぜこのタイミングで結婚を発表したのでしょうか。

スポニチのすっぱ抜き


ベテラン芸能記者によると、所属事務所のホリプロは結婚発表を延ばそうとしていたそうです。やはり、コロナ禍で仕事をなくしたり、苦しんでいる人も少なくない中、すすんで発表する状況ではないと判断していたようですね。

ところがスポニチがすっぱ抜いたため、慌てて発表となってしまったのだそうです。

主演ドラマの最終回を待っていた?


石原さとみさんは、仕事に対してとてもストイックで責任感の強い人と言われています。

自分が主演を務めるドラマの放送中に結婚を発表して、ストーリーと違うところで話題になるのは避けたかったはず。
『アンサング・シンデレラ』が9月24日に最終回を迎えたことで、発表となったのでは、という見解もあります。

それは一理あるのですが、だとしても、なぜ10月1日だったのか、気になります。

10月1日が、何か良き日だったのかと調べてみましたが、仏滅なんですよね。(翌日の10月2日は大安です)

創価学会と関係ある?

10月2日は、創価学会の『世界平和の日』だそうです!

石原さとみさんは、創価高校を卒業していますし、創価学会の会員であるとよく報じられているのを目にします。

そのため、その良き日を選んだのでは?という声も一部ではあがっているようです。

う~ん、でもそれなら10月1日ではなく2日でもいいのでは?と思うのですが。。。

先ほども書きましたが、翌日の10月2日は大安ですし!

「出会いはこの1年ほど」と報じられていますので、もしかしたら出会った記念日とかの可能性もありますかね?

でも、結婚に関する記者会見を開く予定はないとのことなので、真の理由はわからないままになりそうです。

ともかく、末永くお幸せに!




 

まとめ

今回は、「石原さとみの結婚はなぜこのタイミング?創価学会と関係ある?」と題してお届けしました。

コロナ禍での発表に、事務所は躊躇するところもあったようですが、
どうやら週刊誌にすっぱ抜かれた、ということのようですね。

一部では、創価学会の『世界平和の日』である10月2日に合わせた、という説もありますが、10月1日でしたので、なんとも。

いずれにしても、末永くお幸せに。

最後までお読みいただきありがとうございました。