スポーツ

松浦慶斗投手は石巻で被災!北海道から大阪桐蔭への野球経歴まとめ!

2021年の春の甲子園、優勝候補の一つに挙げられる大阪桐蔭高校のエースナンバーを背負う松浦慶斗(まつうらけいと)投手。

小学生の時から、北海道日本ハムファイターズジュニアの狭き門を突破しメンバーになるなど、実力を認められていました。

松浦慶斗投手は、北海道ではなく宮城県石巻市生まれで、2011年の東日本大震災の被災者です。

今回は、「松浦慶斗投手は石巻で被災!北海道から大阪桐蔭への野球経歴まとめ!」と題してお届けします。

松浦慶斗投手は石巻で東日本大震災に

松浦慶斗投手は、小学1年生の時に住んでいた宮城県石巻市で、東日本大震災の津波から逃げた経験を持っています。

授業が終わり下校途中に津波の危険があるとなり、両親が助けに来たそうです。
近くの幼稚園に避難し一命をとりとめましたが、すぐそばに迫ってきている津波を覚えているそうです。

当時、同じマンションに住んでいた友人は、バス乗車中に津波にのまれ亡くなりました。
そんな経験から、元気に野球が出来る喜びを噛みしめながらプレーすることを誓っているそうです。

松浦投手が野球を始めたのは小学1年生です。

小学2年生の時に、親の仕事の関係で北海道旭川市に引っ越しました。

北海道で所属していたチームから、松浦投手の野球経歴を追ってみましょう。

北海道から大阪桐蔭への野球経歴まとめ

松浦選手は、小学2年生で、北海道の新富野球少年団に所属します。

当時は、元甲子園球児の父親、吉仁さんは、少年団のヘッドコーチでもありました。

当時のチーム紹介にも親子そろって名前が載っています。松浦慶斗選手は、背番号は10ですが、チームの一番最初に名前が載っていますので、主軸選手かキャプテンだったのでしょうか。

松浦選手が投手になったのは小学5年生だそうです。

小学校6年生の時に日本ハムファイターズJr.に選ばれています。
この選抜には、1000人近くが応募し、最終的にに選ばれるのは18人という狭き門を突破したのですから、やはり相当な力があったのですね。

松浦選手は中学生になってからは学校の野球部には所属せずに、旭川大雪ボーイズで活動していました。
(大雪ボーイズって名前が面白いですが、冬は大雪のためグラウンドでは練習できなかったそうです)

1年生の時には、カル・リプケン12歳以下の世界大会に出場し、主力として活躍し、世界一に貢献しました。

旭川大雪ボーイズでも、エースと主軸打者として活躍しました。
身長も、中学1年時の170センチから3年時には185センチまで伸び、ストレートの球速は120キロ程度から138キロまであがったそうです。

もちろん、球速アップは体の成長だけではなく、旭川大雪ボーイズの投手専門のコーチの教えも大きかったと語っていました。

そして、旭川大雪ボーイズは、ボーイズの全国大会でベスト8に進出しました。
この大会での活躍が大阪桐蔭の関係者の目に留まり、大阪桐蔭に進学するきっかけとなりました。

またU-15代表の仲間であった池田 陵真(忠岡ボーイズ)からも「一緒に大阪桐蔭で野球しよう」と誘われていたと言います。
池田 陵真選手も、大阪桐蔭の中核選手になっています。

高校では、直球に磨きをかけ、球速も142キロ、146キロと伸ばしています。

高校最後の1年間、集大成となる大活躍を期待しましょう!

そして、その後のドラフトも楽しみに待ちたいと思います。

まとめ

 

今回は、「松浦慶斗投手は石巻で被災!北海道から大阪桐蔭への野球経歴まとめ!」と題してお届けしました。

野球がやりたくてもできなかった友もいたことから、「元気に野球が出来る喜びを噛みしめながらプレーする」という松浦投手。

このような姿勢が、彼をどんどん強くしたのかもしれませんね。

コロナ禍で歯がゆい思いはたくさんあるでしょうが、元気なプレーを見せて欲しいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

松浦慶斗の父は甲子園球児で古谷投手(ソフトバンク)はいとこ!2021年春の選抜高校野球大会の優勝候補筆頭に挙がる大阪桐蔭高校のピッチャー松浦慶斗(まつうらけいと)選手。 数多くのプロ野球選手...