スポーツ

松浦慶斗の父は甲子園球児で古谷投手(ソフトバンク)はいとこ!

2021年春の選抜高校野球大会の優勝候補筆頭に挙がる大阪桐蔭高校のピッチャー松浦慶斗(まつうらけいと)選手。

数多くのプロ野球選手を輩出してきた大阪桐蔭の歴史の中でも、特にポテンシャルが高いと指導者たちが認める選手です。

これだけすごい才能を持っているとなると、松浦慶斗選手のDNA的なものが気になりますね。

今回は、「松浦慶斗の父は甲子園球児で古谷投手(ソフトバンク)はいとこ!」と題しましてお届けします!

松浦慶斗の父は甲子園球児

松浦慶斗投手の父は、松浦吉仁(まつうらよしと)さんは、北海道札幌市の北海高校の選手として、2回も甲子園出場を果たしています

1988年春の甲子園大会(3回戦進出)と1989年夏の甲子園大会出場(初戦敗退)で、外野手として出場しました。

北海高校は甲子園の常連校で、初回出場はなんと大正9年。

松浦吉仁さんが出場した年以降も、平成4、6、7、8、11、20,23,27,28、29年、令和3年と出場しています。

北海高校出身のプロ野球選手もたくさんいますね。一部の方々をご紹介します。

大窪士夢(おおくぼ じゆ)
阪口皓亮(さかぐち こうすけ)
佐藤龍世(さとう りゅうせい)
戸川大輔(とがわ だいすけ)
川越誠司(かわごえ せいじ)
鍵谷陽平(かぎや ようへい)
瀬川隼郎(せがわ はやお)
堀田一郎(ほりた いちろう)

松浦選手の父、吉仁さんは、高校卒業後は社会人野球の山陽国策パルプ旭川硬式野球部で活躍しました。

本社の合併で日本製紙が発足。(チーム名が「日本製紙旭川硬式野球部」に改称となります。)

2000年には日本製紙石巻硬式野球部へ移籍し、後に監督を務めています。

松浦慶斗投手が小学生低学年の時に所属していたチームでは、父親もコーチを務めていたそうです。

小さな頃から英才教育を受けてきたようですね。

古谷投手(ソフトバンク)はいとこ

松浦慶斗投手の母親については、あまり情報が見つかりませんでしたが、母親の妹の息子が福岡ソフトバンクホークスの
古谷優人投手
だそうです!

母方も運動能力に優れているようですね。

古谷優人投手は、1999年生まれなので、松浦選手からみたら4歳ほど年上のいとこです。

古谷優人投手の出身高校は北海道中川郡にある、私立江陵高校です。甲子園出場はありませんでしたが、北北海道大会で154km/hをマークするなど注目されていて、2016年10月のプロ野球ドラフト会議で、福岡ソフトバンクホークスからドラフト2位指名を受けました。

松浦選手がまだ小学生のころ、親戚で集まる時にはキャッチボールをしたり、アドバイスをもらうこともあったそうです。

高校時代から150キロを超える速球を目の当たりにしていた松浦は「直接は教えてもらっていませんが、古谷さんのようなストレートは投げたいと憧れを持っていました」と振り返る。
引用:高校野球ドットコム

松浦選手から見たら、古谷投手は、「めちゃくちゃかっこいい憧れのいとこのお兄ちゃん」だったでしょうね。

まとめ

今回は、「松浦慶斗の父は甲子園球児で古谷投手(ソフトバンク)はいとこ!」と題しましてお届けしました。

松浦慶斗投手の父親は、2度も甲子園を経験し社会人野球でプレーした後、監督になった方です。
そして、いとこには、現役左腕投手の古谷優人選手がいました。

やはり、血筋というものもあるのかと納得してしまいますね。
野球に関してはとても恵まれた環境でしたが、もちろん才能を開花させるための努力は人一倍されてきたことと思います。

1年生の時から注目されてきた松浦慶斗投手も、今年は3年生です。
思う存分力を発揮されますように!

今回はここまでとさせていただきます。
最後までお読みいただきありがとうございました。

松浦慶斗投手は石巻で被災!北海道から大阪桐蔭への野球経歴まとめ!2021年の春の甲子園、優勝候補の一つに挙げられる大阪桐蔭高校のエースナンバーを背負う松浦慶斗(まつうらけいと)投手。 小学生の時...