スポーツ

竹石尚人(青学)の進路・就職先は?留年した理由と出身中学高校も!

駅伝の季節になりましたね!

今年は、新型コロナの影響を受けて開催されなかった大会もありましたが、年末に向け無観客でも開催される大会が増えてきました。

11月1日の全日本大学駅伝に始まり、新年の実業団駅伝、箱根駅伝などが予定されています。

今年の大学駅伝は何といっても青学が強そうですね!

青学は4年生が多いのも特徴です。

実は5年生なのが、竹石尚人選手です。

今回は、「竹石尚人(青学)の進路・就職先は?留年した理由と出身中学高校も!」と題しまして、竹石尚人選手についてまとめてみました。

竹石尚人(青学)の進路・就職先は?

竹石尚人選手は、静岡朝日テレビへの就職が内定しています。

竹石選手は、大分県の出身で、静岡県とのつながりは見つかりませんでした。

なぜ、静岡朝日テレビに決めたのかなど、詳細がわかりましたら追記させていただきます。

企業との面接では競技続行の可能性を問われたそうですが、「決してありません」と答えたそうです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

#竹石尚人 #青学駅伝 #オールスター感謝祭

あいり(@airi620_a)がシェアした投稿 –

留年した理由

竹石尚人選手は、実は留年して現在5年生です。

本来であれば、昨年卒業するはずだったのですが、留年することを選びました。

昨年、一度は大学卒業を区切りに競技の第一線から退く決断をし、一般企業への就職が決まっていましたが、競技への意欲が再び高まり、内定を辞退したのです。

しかし、ほとんどの実業団チームは20年春に入社する選手はすでに固まっており、竹石選手が実業団チームに入れる可能性はありませんでした。

そこで、箱根駅伝への再チャレンジと実業団入りを模索するために留年を選んだと報じられていました。

しかし、今年は、実業団ではなく、一般企業に就職を決めましたね。

ということは、実業団へのこだわりというよりは、けがで走れなかった箱根駅伝への思いが強かったのでしょうか。

箱根駅伝の出場(登録を含む)は4回までと決められています。

竹石選手は、1年と4年時に登録メンバーから外れているので、まだ箱根駅伝の出場資格があることになります。

今年こそ、後悔しない走りができると良いですね!

出身中学・高校

竹石尚人選手は、大分県玖珠郡九重町の出身です。

九重町立南山田中学校(現在廃校)、大分県立鶴崎工業高等学校を卒業しています。

鶴崎工業高校は、大分市にある男女共学の工業高校です。

卒業生には、女優の古手川祐子さん、参議院議員の吉田忠智さん、プロサッカー選手の須股一男さんや清武功暉さん、プロ野球選手の小石博孝さんなどがいます。

みんなの高校情報によりますと、偏差値は47です。


まとめ

今回は、「竹石尚人(青学)の進路・就職先は?留年した理由と出身中学高校も!」と題してお届けしました。

竹石尚人選手は、静岡朝日テレビへの就職が内定しています。

大学卒業を区切りに、陸上競技の第一線からは退くことに決めたようです。

昨年の、内定蹴りもありましたが、無事希望の進路が決まったようでよかったですね。

あとは、悔いのない走りをして学生生活を終えて欲しいなと思います。

竹石尚人選手は、大分県玖珠郡九重町の出身です。

中学は、九重町立南山田中学校、高校は県立鶴崎工業高等学校を卒業しています。

今回はここまでとさせていただきます。
最後までお読みいただきありがとうございました。