人物

佐藤勉議員の出身地・学歴・経歴・派閥!総務会長の家族についても!

9月14日、総裁選挙に圧勝した菅義偉新総裁は、佐藤勉元総務大臣を総務会長にあてる方針を固めました。

今回は、「佐藤勉議員の出身地・学歴・経歴・派閥!総務会長の家族についても!」と題しまして、佐藤勉氏についてまとめてみました。

佐藤勉議員って誰?と思っている方に向けてお届けします。

佐藤勉議員の出身地などプロフィール


まずは、佐藤勉氏の出身地や学歴から見ていきましょう。

名前:佐藤勉(さとうつとむ)

生年月日:1952年6月20日(68歳)

出身地:栃木県下都賀郡壬生町

血液型:B型

趣味:車・ゴルフ・映画鑑賞・マンガ

佐藤勉さんのニックネームは「べんちゃん」だそうです。

性格は、「まじめで頑固」だそうです。

学歴・経歴

出身地の壬生町の小・中学校を経て、栃木県立壬生高等学校を卒業しています。

大学は、日本大学工学部土木工学科に進み、1975年に卒業しました。

大学卒業後は、中堅ゼネコンの間組に入社しました。

議員になる前は、一般企業の会社員だったのですね。

1987年、県議会議員選挙に出馬し初当選しました。当時34歳で県議会議員になりました。

県議会議員は3期続けて当選しますが、3期目が終了する前に、国政に進出しました。

1996年、衆議院議員総選挙に出馬し初当選しました。

その後、下記を含む要職を務めています。

  • 党国会対策委員長(2期)
  • 党国会対策委員長代理
  • 国家公安委員会委員長
  • 内閣府特命担当大臣(沖縄及び北方対策・防災)
  • 総務大臣
  • 厚生労働大臣政務官

大臣も2度経験しているのですね。

派閥

1996年の初当選時は、宮澤派に所属していましたが、2000年の加藤の乱で加藤紘一と行動を共にし加藤派に転じました。

その後、小派閥となった谷垣派に身を置き、谷垣派の解散に伴い古賀派に所属しましたが、現在は麻生派に所属しています。

家族

佐藤勉議員には、妻と2人の息子がいます。

長男は、栃木県議会議員の佐藤良さん。県議会議員になる前に、父である佐藤勉氏の秘書も務めていました。

 

 

明るい未来へ。

やはり、お父様に雰囲気が似ていますよね。

次男は 「秘書」と記載されていますので、次男も政治に興味があるようですね。

まとめ

今回は、「佐藤勉議員の出身地・学歴・経歴・派閥!総務会長の家族についても!」と題しまして、佐藤勉氏についてまとめてみました。

佐藤氏は栃木県出身。日大卒業後、一般企業勤務を経て、政治の世界に入りました。

栃木県議会議員を9年務めた後、国政に参加しました。

1996年の初当選以降、自民党に所属し、総務大臣を含む要職を務めています。

佐藤勉氏には妻と2人の息子がいます。長男は栃木県議会議員、次男も秘書として働いているようですので、政治一家ですね。

今回はここまでとさせていただきます。

最後までお読みいただきありがとうございました。