人物

藤井聡太棋聖のボサボサ髪はくせ毛?白髪はある?高校生に見えない落ち着き

2020年7月16日、将棋界の歴史に残る新記録が樹立しました。

藤井聡太七段が、第91期棋聖戦5番勝負第4局で、渡辺明棋聖に勝利し、市場最年少で棋聖位を獲得しました!

17歳11カ月(藤井聡太さんの誕生日は7月19日)でのタイトル獲得は、30年ぶりの最年少記録の更新です。

現役最強と言われる渡辺明棋聖に、「すごい人が出てきた」と言わしめた藤井聡太さん。

間違いなく天才ですが、キレモノに見えない外見にも注目が集まっていますよね。

今回は、「藤井聡太棋聖のボサボサ髪はくせ毛?白髪はある?高校生に見えない落ち着き」と題しまして、藤井聡太さんの髪型や白髪について調べてみました。

藤井聡太棋聖のボサボサ髪はくせ毛?

藤井聡太さんは、5歳の時に祖父から将棋を教えてもらったそうです。

5歳にして、瞬く間にルールを理解し、あっという間に祖父を負かしてしまったそうです。

小さな頃の藤井聡太さんの髪は、ふんわりやわらかなくせ毛(天然パーマ?)のようです。

ツヤツヤしていて、可愛らしいですね。

そのまま、ぐんぐんと力をつけ、中学1年生で、史上最年少(13歳2か月)で奨励会三段に昇段したことで、マスコミで多く報じられるようになりました。

この頃になると、柔らかい天然パーマから、ややボサボサ感が出てきます
中学生男子は髪型なんか気にしない子もいますよね。
まして、親が直そうとすれば嫌がる年頃でしょうし。。。


こちらの写真は、髪型は整っていますが、毛の量の多さが際立ってきていますね。

中学2年生(14歳2か月)での四段昇段=プロ入りを決め、最年少棋士記録を62年ぶりに更新しました。

それまでは、ひふみんこと、加藤一二三さんが1954年8月1日に14歳7か月でプロ入り最年少記録をお持ちでした。
中学生棋士は、加藤一二三・谷川浩司・羽生善治・渡辺明に続いて5人目でした。

この頃は、最近はなかなか見られない笑顔を見せてくれていますね!

前髪の天然パーマがなかなか強めです。おでこが見えるショットも貴重かも。


中学を卒業し高校生になると、髪も少し落ち着いてきます。
この頃は、秀才好青年を絵に描いたような髪型ではないでしょうか。

2020年の7月は、藤井さんの髪が伸びすぎているとちょっと話題になりました

師匠からのアドバイスもあったようで、数日後にはこの通り。

まだ長い!という声もありますが、概ね好評のようです!

藤井聡太棋聖に白髪はある?

藤井聡太さんの髪については、白髪についても噂されています。

残念ながら、はっきりとした写真は見つけられなかったのですが、規格外の天才とはいえ、頭脳が長時間フル回転していればストレスもかかりますよね。
また、将棋は1回の対局で体重が2、3キロ落ちるほど、エネルギーを使うこともあるそうですから、心身ともにストレスがかかると思われます。

ストレス=白髪というわけではありませんが、藤井聡太さんの髪に白髪があってもびっくりはしないかな、と思いました。

ニュースなどで報じられる藤井さんは、高校生には見えない落ち着きがありますし、発言も大人びているので、白髪も藤井さんの格を上げる要素になるのではないでしょうか。

まとめ

今回は、「藤井聡太棋聖のボサボサ髪はくせ毛?白髪はある?高校生に見えない落ち着き」と題しまして、藤井聡太さんの髪型や白髪について調べてみました。

規格外の天才の今後が楽しみです。

今回はここまでとさせていただきます。
最後までお読みいただきありがとうございました。

<div class=”simple-box1″><p>あわせて読みたい

藤井聡太棋聖を育てた幼児教育は?くもんと積み木とモンテッソーリ</p></div>