人物

石垣のりこの経歴・学歴・若い頃の画像も!炎上は過去にも?!

2020年8月28日、安倍晋三首相(65)が体調悪化のため辞任する意向を表明しました。

大学病院を何度か訪れるなど、健康不安はささやかれていたものの、突然の辞任の発表にはびっくりしましたよね。

安倍首相の辞任について、立憲民主党の石垣のりこ参院議員が、安倍総理を『大事な時に体を壊す癖がある危機管理能力のない人物』と表現したことが批判を浴びています。
今回は、「石垣のりこの経歴・学歴・若い頃の画像も!炎上は過去にも?!」と題しまして、石垣のりこ参院議員について調べてみました。

石垣のりこの経歴・学歴・若い頃の画像

 

この投稿をInstagramで見る

 

2019年参議院議員選挙 宮城県選挙区 野党統一候補 石垣のりこ #参院選 #参議院議員選挙 #参院選2019 #石垣のりこ #宮城県 #宮城

石垣のりこ(@norikorock2019)がシェアした投稿 –

キリッとした目元のクール系美人ですね。

名前:石垣のりこ (いしがき のりこ、本名:小川のり子)

生年月日:1974年8月1日(46歳)

出身地:宮城県仙台市

出身校:宮城教育大学

所属政党:立憲民主党

石垣のりこさんは、宮城県仙台市の出身です。
小中学校は、仙台市立岩切小学校、仙台市立岩切中学校に通われました。
高校は、宮城県第二女子高等学校(現・宮城県仙台二華高等学校)を卒業。

中学、高校では生徒会長を務めるなど活発な子だったようですね。

大学も県内の、宮城教育大学に進み、小学校教員養成課程教育心理学コースを卒業しました。

在学中の1996年に、みやぎライシーレディ6代目に選ばれています。
ライシーレディとは、宮城県のお米をPRするためのキャンペーンキャラクター。
その経験もあってか、特技は利き米だそうです。

みやぎライシーレディは現在も続いていて、2020年も3名の女性が選出されています。

大学卒業後、1998年4月にエフエム仙台にアナウンサーとして入社しました。
政治家に転向する前は、ラジオ局のアナウンサーだったのですね。

2019年4月の参院選に立憲民主党から出馬し、当選しました。初出馬での当選です。

この選挙は、当初は、自民党現職で3期目の愛知治郎氏が優勢と見られていました。
県内35の市町村長のうち29人が愛知氏を支持するとの動向調査の結果が報道されたためです。
石垣のりこ候補支持を明言する首長はいませんでした。

しかし、石垣陣営はTwitterやFacebookを駆使して戦い、出馬表明前には約100人だったTwitterのフォロワー数は、参院選投開票日には約1万7000人に到達したそうです。

投票結果は、約9千票の差で石垣のりこ氏が勝ちました。
愛知治郎は県内35の市町村中、24の市町村で石垣の得票数を上回りましたが、大票田の仙台市など市部で石垣のそれを下回りました。
石垣氏は、市部のSNSを利用する層をつかんで勝ったということのようです。

小学4年生の一児の母でもあります。

 

炎上は過去にも?!

石垣のりこ氏は、過去にも炎上するような発言をしていました。

2019年11月に、嘉悦大学の高橋洋一氏をレイシスト、ファシストと呼び、大きな批判を浴びました。

懲りることもなく、今度はこのような投稿をしました。
これは、もしかして炎上を狙った確信犯なのでしょうか?

「自民党の「選任責任」は厳しく問われるべきです」というのが、彼女の主張なのでしょうが、それにしても「大事な時に体を壊す癖がある危機管理能力のない人物」は人として問題があるとは思わないのでしょうか。

その後の石垣氏の投稿です。
「相手様によって答える内容が違う」こと自体、どうなのでしょう?
政治家として、発言には責任を持ち、相手によって変わることのない姿勢を望みます!

まとめ

今回は、「石垣のりこの経歴・学歴・若い頃の画像も!炎上は過去にも?!」と題しまして、石垣のりこ参院議員について調べてみました。

石垣のりこさんは、宮城県仙台市出身。
宮城教育大学を卒業後は、ラジオのアナウンサーでした。
学生時代は、みやぎライシーレディ―に選ばれたこともあるほど、笑顔の可愛らしい方でした。

石垣のりこさんは、過去にも大学教授を名指しで「レイシスト、ファシスト」と呼び炎上したことがありました。

失敗から学習していないのか、あえての炎上狙いなのかはわかりませんが、またもや大きな非難を浴びています。

今回はここまでとさせていただきます。
最後までお読みいただきありがとうございました。