人物

森井姫明麗の家族兄弟・出身地・中学!プロスノーボーダーになるまで!

北京五輪候補としても熱い視線が注がれている、スノーボードの森井姫明麗(もりい きあら)選手、14歳が可愛いと話題です!

小学6年生でプロのスノーボーダーになったというのですからびっくりです!

スノースポーツですので、雪国出身かと思えば、出身は名古屋だそうです。

どんな環境で育ったのか気になりますね。

今回は、「森井姫明麗の家族兄弟・出身地・中学!プロスノーボーダーになるまで!」と題しまして、森井姫明麗選手についてまとめました。

森井姫明麗選手について、この記事でわかること

  • 生年月日
  • 身長
  • 出身地
  • 家族構成・兄弟姉妹
  • プロになるまで
  • 中学校情報・得意科目

森井姫明麗のプロフィール(出身地・身長など)

名前:森井姫明麗(モリイ キアラ)

生年月日:2006年9月29日

身長・体重:144㎝、35㎏

出身地:名古屋市千種区

身長・体重については、2021年5月現在、PSA Asia(プロ・スノーボーダー・アソシエーション・アジア)に記載されている情報です。身長144㎝と小柄ですね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kiara Morii(@kiara_morii)がシェアした投稿

家族・兄弟姉妹

森井姫明麗さんは、父母子供4人の6人家族です。
キアラさんは、4人兄弟の3番目で、兄もスノーボーダーなのですね。

森井家のメンバーをご紹介します!
父:森井一樹 さん 理髪店を経営
母:森井季明香 さん
兄(5歳上):海琉樹(みるき)さん プロスノーボーダー
姉(3歳上):姫明月(るきあ)さん ヒップホップダンサー
弟(6歳下):海琉夢(あらむ)さん

ご両親は美容師で、名古屋市千種区で「髪処かづき」という理髪店を経営されているそうです。
現在、お母様はみるきさんときあらさんのサポートを優先しているようですね。

子供たちの名前が、見事なキラキラネーム!
でもよく見ると、規則性があるのです!

るき→きあらあらむ と上の子の下二文字が、次の子の名前の最初の二文字になっていますね。この規則性にのっとると、次に生まれた子は「らむ○」になりますね!

弟の誕生日に愛情あふれるメッセージを投稿したり、兄弟みな仲が良さそうですよ!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kiara Morii(@kiara_morii)がシェアした投稿

プロのスノーボーダーになるまで

名古屋生まれ名古屋育ちのキアラさんは、ウインタースポーツ好きのご両親の影響で2歳からスノーボードをはじめました。
2歳ってまだまだ小さいですよね。スノーボードを操る姿が想像できません。
本格的に取り組んだのは、小学3年生の頃だそうです。

2019年、史上最年少12歳で第37回 全日本スノーボード選手権大会でSSオープン女子とSJオープン女子でダブル優勝しました。
そして、小学6年生の時にプロスノーボーダーとなりました。
本格的にスノボを初めてわずか4年でのプロ転向はすごいですね。

キアラさんの兄のみるきさんは、2005年にスノーボードを始め、2017年にプロになっています。

キアラさんが2歳(2008年)の時にスノーボードを始めた時には、兄のみるきさんはすでに3年の経験があり、
キアラさんが本格的にスノーボードに取り組んだという2015年頃には、お兄さんはプロを目指すレベルだったということですね。

恵まれた環境にいたことも、キアラさんの才能が早くに開花した一因でもあったのではないでしょうか。

通っている中学校!得意科目は英語?

森井姫明麗さんは、名古屋市立振甫中学に通っています。

シーズン中などは、車中泊ということで、学校に通える日も限られているかもしれませんね。

英語が好きなようで、きあらさんのインスタの投稿は、日本語・英語の両方でコメントを書いています。

既に世界で戦っている選手ですから、英語でコミュニケーションできることは強みになるでしょう!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kiara Morii(@kiara_morii)がシェアした投稿



まとめ

今回は、「森井姫明麗の家族兄弟・出身地・中学!プロスノーボーダーになるまで!」と題しまして、森井姫明麗選手についてまとめました。

名古屋市出身の森井姫明麗さんは、ウィンタースポーツ好きの両親のもと、2歳からスノーボードを始めました。

本格的に取り組んでから4年、12歳でプロになりました。

ご両親は、名古屋市で理髪店を営んでいます。

兄弟は、同じくプロスノーボーダーの兄、ダンサーの姉、5歳下の弟の4人兄弟です。

森井姫明麗選手のさらなる活躍を楽しみにしています♪

最後までお読みいただきありがとうございました。