そよかぜの今日もワクワク
Have a nice break!
人物

川淵三郎の妻との馴れ初めや結婚までのエピソード!娘との仲は?

日本トップリーグ連携機構の会長、川淵三郎さん(84歳)が東京五輪パラリンピック大会組織委員会の会長になるようです。

川淵三郎さんは元サッカー選手で、日本代表としてオリンピックにも出場しています。

今回は、「川淵三郎の妻との馴れ初めや結婚までのエピソード!娘との仲は?」と題しまして、川淵三郎さんの妻とのエピソードを中心にまとめました。

川淵三郎の妻との馴れ初めや結婚までのエピソード!

川淵三郎さんは、1962年12月に、妻の康子さん(旧姓:淡野)と結婚しています。

2022年には金婚式ですね!

川淵三郎さんが康子さんを初めて見かけたのは、高校卒業後浪人生活を送っていた時だったそうです。

町長選挙の手伝いをしていた川淵三郎さんは、セーラー服姿の女子生徒の中に、長身でひときわ目立つ楚々とした子(当時高校1年生の康子さん)に目を奪われました。ご本人が「心臓をわしづかみにされたような感覚」だったと「私の履歴書」の中でも書いていましたので、ビビビと来たということですね。でもその当時は名前もわからないままだったそうです。

翌年の夏に、帰省していた友人の家に遊びに行き、友人のアルバムを見ていると、なんとそこに彼女を発見!康子さんは、友人のいとこだったのです!

二浪を経て、川淵三郎さんは早稲田大学に進みました。夏休みには必ず帰省して、地元でアルバイトをしていたそうです。そして大学3年生の時に、偶然電車で彼女を見かけました。実に4年ぶりに出会えたのですが、「高嶺の花」としばらくは遠くから見つめていたとか。

夏休みが終わる頃、一大決心をし、声をかけたそうです。彼女のいとこの友人ということで、彼女も安心したのか、仕事の後に会う約束をしました。

しかし彼女は約束の時間に現れず、川渕さんは5分待って「振られた」と思って帰ったそうです。それでもあきらめきれず、東京に戻る前日に、彼女が乗る車両に乗ったら会うことができ、彼女から「先日はすみませんでした」と。
彼女は、「少し遅れていった方が良い」という職場の先輩のアドバイスに従って、15分ほど遅れて行ったら川淵さんがいなかったので、からかわれたと思っていたそうです。

当時は携帯もありませんし、念願のデートならもう少し待てばよかったと思うのですが、川淵さんはややせっかちな性格なのでしょうかね。

その後遠距離恋愛が始まり、自己紹介してから3年後(川淵さんがビビビと来てからは7年後)に結婚されました~。

娘は二人!娘との仲は?

川淵三郎さんと康子さんには、二人の娘さんがいます。
お名前は、純子さんと英子さん。

川淵さんの辞書には「単身赴任」という言葉はないそうで、娘が受験生であろうとも、家族そろって転勤していたそうですよ。

1998年に、日本がマレーシアのジョホールバルで、ワールドカップ出場を決めた試合は、手術後で自宅療養中だったので現地には行っていないそうですが、勝利を「妻と娘と抱き合って喜んだ」と書いていますので、家族の仲は良いようですね。

最近も、娘さんのアドバイスで毎日3000歩を目標に歩いているようです。

 

まとめ

今回は、「川淵三郎の妻との馴れ初めや結婚までのエピソード!娘との仲は?」と題しまして、川淵三郎さんの妻とのエピソードを中心にまとめました。

川淵さんの一目惚れから始まり、その憧れの子が友人のいとことわかり、4年後に見かけたところで声をかけたこという、運命的な出会いでした。

それから48年、単身赴任などはせず、ずっと一緒に暮らしてきたようですので、川淵さんが84歳の現在まで元気にご活躍できているのには、奥様の内助の功も大きかったのではないでしょうか。

今回はここまでとさせていただきます。

最後までお読みいただきありがとうございました。