バチェロレッテJP

福田萌子の英語力・英会話力!バチェロレッテは英語飛び交う空間!

バチェロレッテ・ジャパンの配信が10月9日にスタートしましたね!

配信スタートと同時に4話まとめてリリースでびっくりしませんでしたか?

それにしても、やけに英語が飛び交っていますよね!
バチェロレッテの福田萌子さんも英語を話しますし、英語を話す男性陣も多く参加していますよね。

視聴者は、「かっこいい!」と思う方と「うざい!」と思う方に二分されているようです。

今回は、「福田萌子の英語力・英会話力は?バチェロレッテは英語飛び交う!」と題して、福田萌子さんの英語力・英会話力や、英語を話す男性陣とのやりとりなどについて、視聴者の感想も交えながらお届けします。

福田萌子の英語力・英会話力

福田萌子さんは沖縄生まれ沖縄育ちで、高校と大学は東京の学校を卒業しています。
大学時代には2か月ほど留学経験があるようですが、行先はフランスですので、英語留学ではないですよね。

ご両親も埼玉県と群馬県のご出身ということですので、普通に日本語の環境で育ってきたと思われます。

帰国子女でもなく、ハーフでもないので、英語は自分の意志と努力で習得されたのではないかと推測します

コミュニケーションに全く苦労していないですし、萌子さんの英語力・英会話力に憧れる人も多いですよね!

第1話では、アメリカ育ちの北山さんに、”Do you speak English?(英語話せますか)」と聞かれたときに、”A bit” (少し)と答えていましたね。

その後、全員そろっての乾杯では、”Let’s enjoy every single moment!”(すべての瞬間を楽しみましょう!)と挨拶していましたよね。
とても堂々としていて素敵だなと思いました。

世界を転々と移動している福田萌子さんらしいですよね!

ネイティブではありませんが、英語でのコミュニケーションにとても慣れている感じを受けました

福田萌子さんの英語力・英会話力は、ご本人の努力と数多くの実践で磨かれたものではないでしょうか。

萌子さんの話し方が「かっこいい!」という声も多いです。

一方、「ちょっと気になる」、という声もありますね。

バチェロレッテは英語飛び交う!

初回、バチェロレッテと各候補者が初めて対面する時から、英語色強めの方が3人いましたね。

まずは、アメリカ生まれアメリカ育ちの北山さん

18歳までアメリカで生活していたなら、英語の方が話しやすいのは当然でしょう。

英語で話す時と日本語で話す時で、性格が変わるとよく言われる、と言っています。

北山さんの場合、日本語もきちんと話せますし、英単語だけが入ることは少ないですね。

北山さんは、結局最後まで英語で通しましたが、まったくひるむことなく応じていた萌子さん!かっこよかったですね!

次に、マラカイさんも英語で自己紹介を始めました

が、「英語を話せるそうですね」という問いかけに対し、萌子さんが「少し」と答えると、

「というところなんですけど、北海道生まれ北海道育ちの道産子です!」と見事に日本語に切り替えました!

この配慮は素敵でしたね。

最初の1オン1デートの時もほぼずっと日本語で話していましたよね。

 

もう一人、ローズさんも、半分くらい英語で話していました。

ローズさんは、英語で言ったことを日本語で言い直すことが多いですよね。

かなりシンプルなことも訳すのですが、萌子さんは余裕で理解していると思いますけど。。。

それはともかく、説明する時は日本語、感情を伝える時は英語と分けていることが多いですね。でも、「好き♡」は日本語でしたね!

まとめ

今回は、「福田萌子の英語力・英会話力!バチェロレッテは英語飛び交う空間!」と題して、福田萌子さんの英語力・英会話力や、英語を話す男性陣とのやりとりなどについて、視聴者の感想も交えながらお届けしました。

福田萌子さんの高い英語力・英会話力は、ご本人の努力と数多くの実践で磨かれたものではないでしょうか。

言語能力だけでなく、コミュニケーション力も高い方だなと思いました。

後半戦、まだまだ英語交じりの会話は続くのでしょうか?

今回はここまでとさせていただきます。
最後までお読みいただきありがとうございました。