バチェロレッテJP

[バチェロレッテ]杉ちゃん(杉田陽平)人気の理由は?最後まで残れる?

2020年、日本版バチェロレッテが始まりましたね!

配信開始日に、一気に1話から4話まで配信されていて、びっくりしました。
先が気になって、ついつい4話分見てしまった方も多いのではないでしょうか。

1話から4話までの間で、急激にポジションを上げたのは、杉ちゃんこと画家の杉田陽平さんですよね。

今回は、「杉ちゃん(杉田陽平)人気の理由は?最後まで残れる?」と題しまして、杉田陽平さんの行動を振り返って考察してみました。

杉ちゃん(杉田陽平)人気の理由

杉田陽平さんのキャッチコピーは、「アートで愛を奪い取れ!」でした。

そのビデオの中では、次のように自己紹介していましたね。

  • ラーメンの中に入っているうずまきナルトみたいな存在(主役ではなく脇役
  • 自分が伝えられることは、絵しかない
  • 自分が描く絵は、高いものだと1枚300万円。年間100枚くらい売れる
  • 勝ち残る自信は?との問いに、「恋愛は何があるかわからない。難易度高いですけど」

では、第1話から杉ちゃん登場場面を見ていきましょう。

第1話

杉ちゃんは、芸術家らしいとても個性的なスーツで登場しました。

初対面の挨拶では、ガチガチに緊張していましたね。
車から降りる足が震えて見えたのは気のせいでしょうか?

でも、萌子さんをモデルに絵を描いていること、これからもっと知って色を足していきたいことをしっかりアピールできました!

ところが、パーティーが始まると、他の男性の勢いに押され、動けなくなり、一人ソファーで下を向いている時間もありましたね。

なかなか声をかけに行く勇気が出せず、ライバルの男性陣たちに背中を押してもらって最後になんとか話をすることができましたが、今にも泣きだしそうな感じでした。

おそらくこの時点では、萌子さんは「???この人、大丈夫?」と思っていたのではないでしょうかね。

でも、自分の得意分野の絵のことを題材に、徐々に打ち解けよい笑顔を見せていましたね。

一通り話した後、萌子さんは、杉ちゃんの良いところを並べて、”You are special”と締めていました。
(まるで子供をほめて伸ばすお母さんみたいに見えてしまいましたが)

第2話

2話では、2つのグループに分かれ、ビーチに小屋を建て魚を捕って、バチェロレッテをもてなすという企画がありました。

木を切って小屋の柱を作ったり大道具的なものを担当する人もいれば、杉ちゃんはお花を摘んで冠を作るという小道具担当。

見事、杉ちゃんのいるグループの小屋が選ばれ、杉ちゃんの作った花冠も晴れて萌子さんにつけてもらえました。

その後、勝ったチームが2つに分かれて、今度は火おこし対決!
ローズさん、牧野さん、杉ちゃんのチームが先に火をおこすことができました。
杉ちゃんは、ルーペ片手に頑張っていましたね!

萌子さんの希望で、一人づつ話す時間を作りました。

しかーし、杉ちゃん、「僕、しゃべるのが遅くて」とか言い出し、バチェロレッテに気を遣わせてしまうという。。。
萌子さんは、「どうしたらこの空間を心地よくできるかに神経を使ってしまった」とコメントしていましたね。
まだまだ萌子さん、杉ちゃんとの時間はリラックスできていないようです。

「コミュニケーションが上手い方ではないので、時間がかかってしまう」と杉ちゃんも自己分析していました。

第3話

第3話は、杉ちゃんの苦手な運動から始まりました。

「一生で一番頑張った。身体が驚いています」というほど、頑張りました!

そこは、トレーナーのケビンさんもしっかり見ていてくれましたね。

「運動の一番苦手そうな杉田さんは、良いところは見せられないとわかっていても諦めたくはないという強い気持ちがあったんだと思う」、とがっしりポジティブなコメントを萌子さんに伝えていましたね。Good jobですw

デートには呼ばれず、杉ちゃんがバチェロレッテと話せたのはカクテルパーティーでした。

「近くでじっくり見てもいいですか」といって、萌子さんを見つめる杉ちゃん。

萌子さんは、ちょっとふざけた表情で杉ちゃんを直視します。

「絵を描いているので」という杉ちゃんに、「そのため?」ときゅんとする萌子さんでしたが、
杉ちゃんは、もちろん絵のためだけではないと後でコメントしていました。

ブートキャンプの話になった時も、「一番、自分の限界に挑戦していたよね」と褒められてまた緊張してしまったのか、「キスする相手を間違えて地球にキスしていた」とか、一瞬わけのわからないことを言い出す始末でした。

でも、オチがわかったところで、萌子さんのくしゃくしゃ笑顔を引き出すことができました。

うまく、杉ちゃんのペースになってきましたね!

最後から3番目でしたが、無事ローズをもらいました。

台湾行きを勝ち取った男性陣の、「一回喜んでみる?」からの「うぉー!」可愛かったですね!

第4話

第4話の舞台は台湾!

最初のデートは、1オン1を3人でした。

午前が牧野さん、午後に杉ちゃん、夜は北原さんでした。

杉ちゃんのデートプランは、ランタン飛ばしでした。

つり橋を渡っていくので、「怖いと思うので手をつないでもよろしいでしょうか」という杉ちゃんに対し、「何にも怖くないよ~」と飛び跳ねる萌子さん。杉ちゃんの計画失敗でしたが、なんだか微笑ましいシーンでしたね。

飛ばす前に、ランタンに文字を書き入れたのですが、杉ちゃんは先に2面に次の言葉を書いていました。

仕事=何をしたいかではなく、誰と何をしたいか
お金=表現の羽

そして、二人で残りの2面に「愛」をテーマに言葉を書くことになりました。

萌子さんは、「生きる」と書きました。
杉ちゃんは、「花びら」と書きました。

これは、がしっとバチェロレッテの心をわしづかみにしたようです!

杉ちゃんも、「萌子さんに会ってから元気をもらっている」と正直にバチェロレッテに伝えることができました!

会話のテンポがだいぶよくなってきましたね。

杉ちゃんの中で、萌子さんがとても大切な存在になっているようです。

そして、最初に持ってきた絵に、沖縄の青と、萌子さんの色としてオレンジが足された絵を見せることができました。

「この絵を完成させたい」と気持ちを伝えることもできました。

バラをもらうことはできませんでしたが、ハグをしてお別れしました。

翌日、カクテルパーティーの始まりに、なんとサプライズ・ローズをもらいました!

「色々な感動や驚きをくれて、一緒にいる時間その一瞬一瞬が本当に幸せでもっと一緒にいたいと思った」と言われ、「嬉しすぎて言葉がありません」という杉ちゃん。

周りの男性陣は一様に驚いていましたね!

 

杉ちゃんは最後まで残れる?

バチェロレッテに、「知れば知るほど深みがあって面白い!」と言わしめた杉ちゃんですが、最後まで残れるでしょうか?

大穴という説もあるようですが、いかがでしょう?

良い刺激を与え合えるパートナーになりそうな気もしますが、現時点での懸念点を整理してみましょう。

  • 生活スタイル:職業が画家ですので、バチェロレッテの「世界中を旅して暮らす人生」に合うのか
  • 趣味:運動大好きなバチェロレッテに合わせられるか
  • 萌子さん側で恋愛感情が芽生えるか

といったところでしょうか。

特に3つ目の恋愛感情が芽生えるかどうか、が鍵になりそうですね。

第5話では、杉ちゃんの「俺も男や」という発言が出ているので、どうなるのかとても楽しみです。

まとめ

今回は、「杉ちゃん(杉田陽平)人気の理由は?最後まで残れる?」と題しまして、杉田陽平さんの行動を振り返って考察してみました。

第1話では、ちょっと情けなく見えるくらいに緊張していた杉ちゃんでしたが、徐々に自分の魅力を伝えることができていますね。

最後まで残れるか、しかと見届けたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。