人物

宇佐見りんの高校大学と経歴!プロフィールや家族についても!

「推し、燃ゆ」で第164回芥川賞を受賞した宇佐見見りんさんはまだ21歳の大学2年生!
ほんわかとした可愛らしい方ですよね。

でも、芥川賞受賞した才女です!今通っている大学はどこなのか、中学・高校はどこを卒業したのかなどその学歴が気になります。

今回は、「宇佐見りんの高校大学と経歴!プロフィールや家族についても!」と題して宇佐見りんさんについて調べてみました。

宇佐見りんの高校大学

宇佐見りんさんは、慶應義塾大学湘南藤沢中等部・高等部の出身で、現在は慶応義塾大学文学部国文学科の2年生です!

慶應義塾大学湘南藤沢といえば、最寄り駅からバスという、決して通いやすい学校ではないのに、都内から1時間以上かけて通う学生も多いという人気の学校です。

中学の偏差値は男子72~74、女子73~76(首都圏模試センター)と最難関レベル。

中学高校では演劇部に入っていたようです。

また、大学では歌舞伎研究会に入っているそうなので、歌舞伎が小説の題材になる日がくるかもしれない!と思うとなんだか楽しみです。

宇佐見りんの経歴

宇佐見さんが発表した小説は、まだ2冊です。

1作目は「かか」で、この作品では2019年の文藝賞を受賞し、2020年の三島由紀夫賞を最年少で受賞しました。第44回野間文芸新人賞にもノミネートされました。

そして、2作目の「推し、燃ゆ」で芥川賞を受賞しました!

天才というかなんというか、世に送り出した作品すべてが受賞しているのですね。



宇佐見りんのプロフィールと家族

宇佐見さんは、あまり情報を公開していません。

出身高校や通っている大学ですら、芥川賞受賞が報じられてからの公表でした。

現在わかっているプロフィールをまとめました。

名前:宇佐見りん

出身:静岡県沼津市、神奈川県育ち

生年月日:1999年5月16日

家族構成:不明

好きな作家:中上健次

受賞後のインタビューで、「賞はありがたく受け止めつつ、若さやそういったものに振り回されずに、ただひたすら自分の目指すものを書き続けることが、結局賞を受けることの恩返しになるんじゃないかと思います」と語っていた宇佐見さん。「ただひたすら自分の目指すものを書き続ける」ってかっこいいですよね!

私は記事を読んでかっこいい女性だなと思ったのですが、可愛いという声がたくさんあがっているようです。
インタビューに応える姿はたしかに可愛いです!


まとめ

今回は、「宇佐見りんの高校大学と経歴!プロフィールや家族についても!」と題して宇佐見りんさんについて調べてみました。

宇佐見りんさんは、慶應義塾湘南藤沢中等部・高等部を経て、慶應義塾大学文学部国文学科に進まれました。

プロフィールはまだあまり公表されていません。家族についてもわかりませんでした。

とても可愛らしい笑顔の方ですので、これからメディアに登場することも増えれば情報も出てくるのではと期待します。

今回はここまでとさせていただきます。

最後までお読みいただきありがとうございました。