人物

服部修(ホリエモン新党)都知事選の公約は?学歴と経歴も!

2020年7月5日の都知事選に立候補を表明したホリエモン党の服部修さん。

都知事選のポスターには、ホリエモンこと堀江貴文さんの写真が掲載されていて、不思議に思った方も多いと思います。

服部修さんって何してる人?と気になったので調べてみました。

今回は、「服部修(ホリエモン新党)都知事選の公約は?学歴と経歴も!」と題しまして、服部修さんは何者なのか、公約に加えて、学歴、経歴もまとめてみました。

服部修の都知事選の公約

公約の前に、まずは簡単に服部修さんのプロフィールを見ておきましょう。

名前:服部修(はっとり おさむ)

所属団体:ホリエモン新党

生年月日:(公表資料に見当たりませんでした)

年齢:46歳(投票日基準)

出身:長野県

職業:ミュージシャン(音楽塾経営、ドラマ―)

さて、公約を探してみましたが、はっきりとしたものは出てきませんでした。

選挙公報には、「私の個人的な公約は、たった一つです。皆さんの大切なものを守りたい。」とあるだけで、それ以外は堀江貴文さんの「東京都への緊急提言37項」が大きく掲載されているのみです。

「東京都への緊急提言37項」についてはこちらの記事にまとめていますので、よろしければご覧ください。

その他、大麻解禁も唱えているようです。

ひたすら「#私は守りたい!」というタグを使っていますが、あまりにも具体性がなさすぎてよくわからないと感じている人も多いようです。

服部修の学歴・経歴

服部修さんは東京成徳大学人文学部を卒業されています。

ドラマ―として活動したり、音楽塾などを経営していたそうで、いつから政治に関わっているのかははっきりしませんでした。

2019年の参院選には滋賀県で立候補しましたが落選しました。

わからないことが多すぎて、なんともコメントしにくい候補者です。

せめて、なぜ都知事選に出馬しようと思ったのかという動機くらいは知りたいものです。
勝てる見込みはないのに、預託金300万円を払って、相当の時間を費やすのですから。

(預託金は、自身の得票数が有効投票総数の10分の1に満たないと、没収されてしまいます。)

最後に、気になる投稿を見つけましたので引用させていただきます。
やはり都知事には最低限の品性は持っていて欲しいと思います。

まとめ

今回は、「服部修(ホリエモン新党)都知事選の公約は?学歴と経歴も!」と題しまして、服部修さんは何者なのか、公約に加えて、学歴、経歴もまとめてみました。

残念ながら、あまり公表されている情報がなく、経歴や公約もはっきりしないことだらけの印象を受けました。

政治に興味を持つ人を増やすことには貢献されているのかもしれません。

今回はここまでとさせていただきます。
最後までお読みいただきありがとうございました。

あわせて読みたい