人物

東儀秀樹の息子の中学校は?ピアノ・ギター・作曲など雅楽以外も!

日本の伝統・雅楽演奏家であり、最近は俳優としても活動している東儀秀樹(とうぎひでき)さん。

奈良時代から続いている楽家の家庭に生まれたのですが、それは母方の家庭で、お父様は商社マンだったそうです。

そんな東儀秀樹さんには47歳で授かった一人息子・東儀典親(とうぎのりちか)君がいます。ちっちという愛称で、東儀秀樹さんのSNSにも幼い頃からよく登場しています。

今回は「東儀秀樹の息子の中学校は?ピアノ・ギター・作曲など雅楽以外も!」と題しまして、東儀典親君について、通っている学校や演奏する楽器など音楽活動についてまとめました。

東儀秀樹の息子の中学校は?

東儀秀樹さんの一人息子、東儀典親君の通う中学は公表されていません
しかし、少し調べたところ、巷で噂されている慶應ではないように思われます。

なぜそのような結論に至ったのかご説明しますね。

中学が慶應と噂されているのは、「小学校が慶應だから、中学はそのまま慶應なのでは?」といった、出身小学校に基づく推測です。

でも、小学校は慶應ではなく、世田谷区立八幡小学校という個人ブロガーさんの記事もありました。

東儀秀樹さんのブログで、ちっちの入学式の記事(2013年)がありました。

校門で撮影した1枚が、八幡小学校の門とそっくりです!

(引用元:東京プロス)

世田谷区立八幡小学校は、自由が丘と田園調布駅の間にあります。
まさに、東京の高級住宅地エリアですね!
そして、東儀秀樹さんの自宅も、「東京都世田谷区の閑静な住宅街の一角」にあるとのことなので、このエリアでしょう。

東儀秀樹さんご自身も、八幡小学校を卒業されているようですね。
中井貴一さん、石黒賢さん、金子賢さんなども卒業されています。

八幡小学校のホームページを見てみましたら、英語の案内のページもあり、様々なバックグラウンドの方が通う学校のようですね。

ということで、小学校は世田谷区立八幡小学校の可能性が高いと思います。

とすると、中学から慶應に入るには、相当の受験勉強が必要ですよね。
芦田愛菜さんも、中学受験前は仕事はほぼ入れず勉強に集中していたようですし。

ちっちは小学校高学年でも音楽活動を楽しんでいた様子がうかがえますし、時々TV出演もしていたので、慶應は可能性が少ないかなと思います。

一方で、東儀秀樹さんは成蹊高校を卒業しているので、もしかしたら成蹊中学に進んだかもしれません。

また、何かわかりましたら追記させていただきます。




ピアノ・ギター・作曲など雅楽以外も!

東儀秀樹さんの息子のちっち君は、ピアノもとても上手です。

こんな動画を見つけました。こちらも田園調布駅ですね。

「自作の曲」ということは、中学1年生にして、作詞・作曲も手掛けているということですよね。
そして、それを英語で歌っていますね!

なんたる才能でしょう。。。

息子のちっち君は、ピアノだけでなく、ギターも相当上手いのですね。

弾くだけではなく、製作までしてるし。。。
それにしてもイケメンですね~

もちろん、雅楽も奏でています。
こういう伝統的な衣装も似合っていますよね。





まとめ

今回は「東儀秀樹の息子の中学校は?ピアノ・ギター・作曲など雅楽以外も!」と題しまして、東儀典親君について、通っている学校や演奏する楽器など音楽活動についてまとめました。

東儀秀樹さんの息子、典親くんの通う中学校は判明しませんでしたが、慶應の可能性は少ないのではと思いました。

典親くんは、雅楽のみならず、ピアノ、ギターなど幅広く音楽活動をしています。

すべて、お父様の東儀秀樹さんから手ほどきを受けたのでしょうかね。

一緒に演奏したり楽しんでいる様子が本当に幸せそうです。

才能あふれるイケメン、東儀典親くんの今後の活躍が楽しみですね!

今回はここまでとさせていただきます。

最後までお読みいただきありがとうございました。