人物

きつね淡路幸誠の学歴(高校大学)と経歴!出身・年齢・身長や彼女は?

「パリピ漫才」でお馴染みのお笑いコンビ「きつね」、最近テレビで見かけることが多くなってきましたね。

最初に見たときは、二人とも口ひげがあって、見た目のインパクトが強かったことを覚えています。

今回は、「きつね淡路幸誠の学歴(高校大学)と経歴!出身・年齢・身長や彼女は?」と題しまして、きつねのボケ・DJ担当、淡路幸誠さんの高校・大学などの学歴、プロフィールについてまとめました。

きつね淡路幸誠の学歴(高校大学)

きつねのお二人、淡路幸誠さんと大津広次さんは、なんと
小学校1年生からの幼なじみで、高校、大学も同じだったそうです!

でも、残念ながら出身高校、大学ともに公表していないのですよね。。。

こんなに人気が出てきたので、そろそろインタビューとかでぽろっと語ってくれないかなと期待しているのですが。。。

淡路幸誠さんは母子家庭の出身で、母親の負担を軽くしようと高校生からバイトを始め、大学は奨学金で通っていたそうです。

こうしたことを考えますと、高校、大学ともに大阪だった可能性が高いと思います。

それにしても、奨学金がもらえるということは、淡路幸誠さんは、かなり優秀だったのではないでしょうか。

下の写真、仕事できそうな二人に見えますよねw

きつね淡路幸誠の経歴

きつねの結成は2014年!淡路さん25歳くらいの時です。

小学1年生からの幼なじみの二人が、どのように「きつね」を結成するに至ったのかみてみましょう。

淡路さんと大津さんは、高校の文化祭で初めて2人で舞台に立ちました

でも、お笑いではなくバンドでの出演でした。

現在はウクレレを片手にお笑いをしていますが、大津さんのギターの腕前はかなりのもののようですね。

ただ、高校生時代からお笑い、特に「ラーメンズ」が大好きで、ラーメンズのコントを見て、ラーメンズについて話し合う「ラーメンズ部」というサークルに入っていたそうです。

余談ですが、ラーメンズに憧れて芸の道へ入った芸人さん多いみたいですね。

大学生になり、5人組のユニット「100ジャシカ」を構成しました。
その後2人脱退しトリオになり、ユニット名も「100ジャシカ」→「100レノン」→「インベーダーズ」と変わりました。

最初は松竹芸能に所属して活動していましたが、ラーメンズへの憧れが強く、東京に拠点を移しました
トリオで上京しましたが、その後また1人が脱退し、淡路さんと大津さんの2人になったのですね。

上京後は改めて養成所「目黒笑売塾」に入り、2014年4月、同塾卒業に伴いホリプロコムに所属し、「きつね」結成となりました。

2012年には既に松竹芸能のR1グランプリに参戦していますので、大学卒業後は企業などに就職することなく、お笑いの道へ進んだようですね。

淡路幸誠の出身・年齢・身長

淡路幸誠さんのプロフィールを簡単にまとめてみました。

本名:淡路 幸誠(あわじ こうせい)
生年月日:1990年2月14日(30歳)
出身:大阪府
身長・体重:178㎝・65㎏
血液型:A型
趣味:DJ、写真、映画鑑賞、ヒップホップダンス


出身は大阪府。身長は178㎝と高身長で、相方の大津さんより大きいです。

年齢は1990年生まれの30歳!
もう少し上で30台半ばから後半かなと思っていました。口ひげの印象でしょうかね。

淡路さんのダンスはかなりの腕前のようですね。
下の動画(登場時のジャンプ)だけでも、運動神経の高さがわかる気がします。

彼女は?

淡路幸誠さんの熱愛や彼女については、これまで報じられたことがないようです。

きつねのコンビでは、どちらかというと、相方の大津さんがかっこいい!という声が多く、
大津さんの方がモテるのかな、という印象です。

 

でも、淡路さんも、身長も高く、面白くて、母親を大切にしていて、ダンスが得意と、モテる要素はたくさんお持ちだと思います!



まとめ

今回は、「きつね淡路幸誠の学歴(高校大学)と経歴!出身・年齢・身長や彼女は?」と題しまして、きつねのボケ・DJ担当、淡路幸誠さんの高校・大学などの学歴、プロフィールについてまとめました。

淡路幸誠さんの出身高校・大学については公表されていませんでしたが、相方の大津さんとは小学校1年からの幼なじみであること、高校大学も同じであること、二人とも大阪府出身であることから、大阪近辺の学校を卒業したと予想します。

淡路さんは1990年生まれの30歳、178㎝と高身長ですが、どうやらモテるのは相方の大津さんのようで、これまで熱愛や彼女についての噂はありませんでした。

マッチングアプリで彼女ができたとかできないとかなので、これからが楽しみですね!

今回はここまでとさせていただきます。

最後までお読みいただきありがとうございました。