そよかぜの今日もワクワク
Have a nice break!
ドラマ

ドラゴン桜2の6話で平手友梨奈のいないシーンが!不自然だけど伏線?

「ドラゴン桜2」が面白いと評判です!

5月30日に放送された第6話では、とうとうあの藤井くんが「東大専科に入りたい」とはっきり口にしましたね!

6話は、麻里ちゃんの家の問題がクローズアップされていましたが、藤井くんがいい奴な面をたくさん見せて、藤井くんを演じる鈴鹿央士さんのファンは喜んでいるようです。

ところで、6話の一部に、楓ちゃん(平手友梨奈)がいないシーンがありましたね。

今回は「ドラゴン桜2の6話で平手友梨奈のいないシーンが!不自然だけど伏線?」と題してお届けします。

ドラゴン桜2の6話で平手友梨奈のいないシーンが!

平手友梨奈さんがいなかったシーンはこちらです。

麻里の親が「麻里を退学させる」と学校に押し掛けてきた場面です。

その直前まで、楓も教室で他の専科の生徒と一緒に授業を受けていて、「特別な課題」に取り組んでいたのですが、
「課題できました!」と飛び込んできた生徒の中に、楓はいませんでした

少し遅れて入ってきて、何かびっくりするようなことでも言うのかと、今か今かと待ち構えていたのですが、結局登場しませんでした。

不自然だけど伏線?

やはり、このシーンに違和感を感じた方は多かったようです。

楓はどこへ行ってしまったの~?ととても気になったので、もう一度確認してみました。

会議室から教室に戻ったのは、麻里が最初で、そこへ藤井が入ってきて、二人で少し話をします。

その後、食堂の調理場を片付けてから戻ってきた中には、楓もいました!!!

ですので、その間に何かあって帰宅したわけでもないですよね。

ただ、楓は、その前に麻里についての話の中で、「父親に言い返せない気持ちはわかる」と言っていました。

麻里の父親に対峙するのも嫌だったのかもしれませんね。

そうなると、そろそろ楓の両親との問題にもスポットライトが当たるのでしょうか。

そういう意味では、伏線かもしれません。

この先の展開で、今回のシーンのことがはっきりする時が来るのか楽しみにしたいと思います。

見逃していたかもしれないシーンを確認したいときは、Paraviですね!
前話1回分はTverでも観れますが、それ以前のものは、現状、Paraviのみでの配信となっています。

まとめ

今回は「ドラゴン桜2の6話で平手友梨奈のいないシーンが!不自然だけど伏線?」と題してお届けしました。

麻里の親が「麻里を退学させる」と学校に押し掛けてきた場面で、「課題できました!」と飛び込んできた生徒の中に、楓はいませんでした。

その直前まで、楓も教室で他の専科の生徒と一緒に授業を受けていて、「特別な課題」に取り組んでいたのですが、結局麻里の家族の前には登場しませんでした。

その後、食堂の調理場を片付けてから戻ってきた中には、楓もいました。明らかに不自然だったので、何か伏線があるのかもしれませんが、6話の時点ではわかりませんでした。
今後の展開を楽しみにしたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

ドラゴン桜2の英語講師役は誰?渡辺直美か金田明夫以外の可能性は?ドラゴン桜2の第7話では、個性全開の英語講師が登場します! 前作では、フィリピンパブを経営する川口洋先生を金田明夫さんが演じました...
[ドラゴン桜ロケ地]体育館は入間市と深谷市!また抜きショットがすごい!TBS日曜劇場「ドラゴン桜」、色々な意味で盛り上がっていますね。 前作の生徒役が社会人になって登場、若手俳優のキャスティング、前作...
[ドラゴン桜]ラーメン屋のロケ地はどこ?姉役大幡しえりはハーフ?日曜劇場「ドラゴン桜2」が面白いと好評です。 前回作からもたくさんのスターが生まれたので、若手俳優さんも気になります。 すで...