人物

加藤清史郎の英語力は?イギリス留学3年間はサッカーと観劇に没頭!

子役として大活躍した加藤清史郎くんも、はや大学生ですね。

一時期、あまり見かけないなと思っていたら、高校3年間をイギリスで過ごしていたのですね。

10代のうちに、3年間もイギリスにいたら英語力すごいことになってそうですよね。

しかも、イギリスではサッカーにはまっていたという。。。

イケメンで、演技力抜群で、歌も上手くて、サッカーできて、英語できたら、ヤバくないですか?

今回は、「加藤清史郎の英語力は?イギリス留学3年間はサッカーと観劇に没頭!」と題しまして、加藤清史郎くんの英語力について調べてみました。

加藤清史郎の英語力

高校3年間をイギリスで過ごした加藤清史郎くんの英語力は相当高いと思われます

しかし、学校は日本の高校のロンドン校でしたし、寮生活の仲間も日本人だったようです。

英語の資格などを公開しているわけではないので、詳細はわかりません。

それでも、実際に生活をしている以上、生の英語に触れていたわけですし、コミュニケーションには全く困らないのではないかと推測します。

加藤清史郎くんが留学した理由は、

  • 英語がしゃべれるようになりたい
  • イギリスの演劇に触れてみたい

の2つだったそうです。

最初のきっかけは、『レ・ミゼラブル』というミュージカルに出演したこと。
演出チームが全員イギリスからきた人達で、英語が飛び交う現場だったので、英語が理解できるようになったらいいなって思ったそうです。

(余談ですが、清史郎君の「民衆の歌」のボーイソプラノには本当に感動しました。)

そして、声変わりなどで、演じる役が限られるということもあり、高校でのイギリス留学を決めたそうです。

留学先は、「帝京ロンドン学園」でほぼ間違いないと思います。
(詳しくはこちらの記事にまとめてありますので、よろしければお読み下さい。)

帝京ロンドン学園では、英語以外の授業はほぼ日本語で行われているようです。

もちろん英語教育にはかなり力を入れていて、

職場体験、現地校通学体験、ホームステイ体験など

色々なプログラムを行っています。

これだけやっていれば、かなり高い英語力が培われるのではないでしょうか。

イギリス留学3年間はサッカーと観劇に没頭

加藤清史郎くんが3年間で一番はまっていたことは、サッカーだそうです。

部活動としてサッカーをやっていたのですが、チームメイトは「サッカーコース」に通う精鋭ばかり。(帝京ロンドン学園には、普通コースの他に、サッカーコースとアートコースがあるのです。)

「対戦する相手が平均180センチと大きな選手ばっかりで、その中でどう戦っていくかとか、すごくいい経験になりました。」と語っています。

おそらく、サッカーの試合を通しても、現地の高校生徒の交流があったのではないでしょうか。

また、留学の当初の目的でもあった観劇にも足繁く通っていたそうです。

本場の舞台をたくさん観て、英語面でも学ぶことがたくさんあったと思います。

帝京ロンドン学園は、ロンドン中心部から西へ約30km離れたところにありますので、週末は電車やバスを乗り継いでロンドン中心部へ繰り出していたとか。

異国で一人で行動していれば、語学力は磨かれると思います。

おそらく、今は演出チームが英語で話す人たちだけでも、何の問題もなく対応できるでしょうね!

そうすると、次は、海外進出を期待してしまいますよね!

まだ19歳、これからがとっても楽しみです!

まとめ

今回は、「加藤清史郎の英語力は?イギリス留学3年間はサッカーと観劇に没頭!」と題しまして、加藤清史郎くんの英語力について調べてみました。

英語の資格などを公開しているわけではありませんが、高校3年間をイギリスで過ごしたことから、英語力はかなり高いと推測します。

演技力、歌唱力、体力、語学力を備えた清史郎くんの海外進出を楽しみにしているファンも多いようですね!

今回はここまでとさせていただきます。

最後までお読みいただきありがとうございました。