食べ物

大粒ラムネブドウ糖の効果とコーラ味はどう?コンビニで売り切れ?

%」にちは。11月も残りわずかとなりましたね。
年末に向けてやらなければならないことが増え始め、毎年の反省から今年こそは前倒しでやるぞ!と気合は入るのですが、頭の中はすっきりせず。。。
そんなとき、ブドウ糖で頭すっきり!というお菓子のコピーが目に留まりました。ラムネで頭がすっきりするの~?と半信半疑。

そこで、今日は、「大粒ラムネブドウ糖の効果とコーラ味はどう?コンビニで売り切れ?」と題しまして、森永の大粒ラムネのブドウ糖の効果と、新発売のコーラ&レモン味、コンビニで売り切れ続出ってホントなの?など気になることを調べてみました。

大粒ラムネとブドウ糖の効果は?

森永のラムネは1973年に誕生したお菓子。40年以上も前から存在するロングセラー商品ですね。あの緑色のボトルも独特で可愛らしいですよね。

では、早速ラムネの原材料を見てみましょう。

原材料:ブドウ糖、タピオカでん粉、ミルクカルシウム/酸味料、乳化剤、香料、(一部に乳成分・ゼラチンを含む)と記載されています。
原材料は多いものから書くそうですので、ブドウ糖が最も多いことがわかります。
パッケージにも大きく「ブドウ糖90%配合」と記載されていますね。

このブドウ糖(英語ではGlucose)の効果を簡単にまとめてみました。

  • 疲労回復:体内にすばやく取り込まれエネルギーになりやすい
  • 脳の栄養:通常の健康状態での脳のエネルギー源
  • 冷え対策:エネルギーとして消費される時、同時に体内で熱を発生させるため体温を上昇させる効果

脳をフルに使ったり運動して疲れた時に甘いものが欲しくなるのは、このためなのですね。(大門未知子さんは長時間の手術を終えると必ずガムシロップをぐびぐび飲んでいましたね。ブドウ糖の方が回復が早いのではないかと、素人は思ってしまいましたw)

森永のHPには、「東大生と森永ラムネのいい関係!」と題したコラムがありました。東大生協のお菓子売り場の売れ筋商品!?集中力アップ効果もあるようです。ご興味のある方はこちらからどうぞ。

大人があの形のお菓子をデスクに置くのは少しためらわれますが、大粒ラムネは飴やグミのようなパウチ型になったことで、ハードルが下がりましたよね。実際食べてみると、一粒が1.5倍になったことで、噛み応えが増し、シュワシュワ感をより感じられるように思いました。たしかに、なんとなく頭すっきりしたような気もします!

大粒ラムネ コーラ味はどう?

大粒ラムネの新味は、スーパーコーラ&レモン味ということで、黒っぽいコーラ味と黄色のレモン味が入っています。コーラ味として、レモン味として、2つ一緒に食べればコーラレモン味として、3つの味が楽しめるとか。
こちらも清涼感が人気のようで、固定ファンも増えているようですね!

大粒ラムネはコンビニで売り切れ?

2018年の発売当初は売り切れ続出で、一時販売停止になってしまったほどの人気ですが、現在はそのようなことはなさそうです。
コンビニによっては最初から取り扱いなしとか、オリジナルのみでコーラ味はおいていない、などあるようですが、陳列スペースがあるのに商品がない場合はおそらくたまたま買い占めた人がいたのではないかと思いますよ。私の同僚はあきらめきれず、店員さんに聞いたところ、奥から持ってきて補充してくれたそうですよ!

ちょっと調べてみると、アマゾン、ヤフー、楽天などでも在庫はしっかりあるようですので、コンビニで見つけられないときには、こうした通販でも買えそうです。

まとめ

今回は「大粒ラムネブドウ糖の効果とコーラ味はどう?コンビニで売り切れ?」と題しまして、大粒ラムネについてお伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか。
ブドウ糖の疲労回復効果、脳のエネルギー、体温上昇効果は魅力的ですよね!味は昔のまま変わらず、食べ応えアップの大粒ラムネは、お子様にも、受験生にも、デスクワークの大人にも人気がでるのもわかりますね。
それでは、今日はここまでとさせていただきます。
最後までお読みいただきありがとうございました。