エンタメ

竹内結子と三浦春馬の共演ドラマ!コンフィデンスマンのシーン!

三浦春馬さんと竹内結子さんが相次いで亡くなりました。

お二人とも素敵な俳優さんで、これから年を重ねてどんな演技を見せてくれるか楽しみにしていたので、本当に残念です。

コンフィデンスマンJPで見せてくれた竹内結子さんと三浦春馬さんの絶妙の掛け合いが忘れられません。

今回は、「竹内結子と三浦春馬の共演ドラマ!コンフィデンスマンのシーン!」と題しまして、お二人の共演シーンを集めてみました。

竹内結子と三浦春馬の共演ドラマ

竹内結子さんと三浦春馬さんの共演は、コンフィデンスマンJPがよく知られていますよね。
ロマンス編に続き、プリンセス編でも共演されました。

竹内結子さん演じる氷姫ことラン・リウと、三浦春馬さん演じるジェシーの騙し合いは最高でしたよね!

ジェシーがラン・リウを恋に落とすために色々と画策するのですが、竹内さん演じるラン・リウは本物ではなかったという騙し合いでした。

かっこよくて、でも最後は最高に情けないジェシーを三浦さんは本当に愛すべきキャラクターに演じました。

竹内さんは、もうこれ以上ありえないというくらい美しく冷たい氷姫を演じたかと思えば、スタア役に戻ると全力でおちゃらけていて本当にすごい女優さんだなと思いました。

お二人とも演技歴も長いので、以前にも共演していたのでは?と調べてみたのですが、コンフィデンスマン以外の共演を見つけることができませんでした。

大竹しのぶさんと三浦春馬さんの出演した舞台を竹内結子さんが観劇したりと、交友はあったようですが、共演はコンフィデンスマンが初のようでした。

コンフィデンスマンJPのシーン

最初の共演となったコンフィデンスマンJPロマンス編のメイキング映像がとても素敵です!

物語の重要なカギを握る役を担当する竹内結子さんと三浦春馬さんが、デートをしながら心の距離を縮めていくシーンを演じる映像なのですが、これがアドリブだったというのが驚きです。

『ローマの休日』のような設定でデートをしながら、ジェシーがラン・リウとの心の距離を縮めていくシーンです。
このシーンは、回想シーンのため、映画ではセリフは使われなかったのですが、二人はアドリブの掛け合いを楽しんでいる様子が伝わってきますよね。

二人の会話を書き起こしてみました。

ジェシー:「特別な味わいだね、2人で食べると」
ラン・リウ:「ホント、バニラでよかった?」
ジェシー:「バニラでよかったよ」「これ以上ないスイート感だ」
ラン・リウ:「私たちも結構、スイートじゃない」

ジェシーとラン・リウの設定なのですが、素の二人の関係に見えてしまうほど素晴らしい演技でしたよね。

三浦さんは「もう同じことはできない」と照れ笑い。
竹内さんも「もう出し切った」と大笑い。

本当に、10歳の年の差を感じさせない、スイートな演技でした。

そして、本編の氷姫とジェシーも素敵でしたね。

まとめ

今回は、「竹内結子と三浦春馬の共演ドラマ!コンフィデンスマンのシーン!」と題しまして、お二人の共演シーンを集めてみました。

本当に素敵な俳優さんでした。

素敵な作品を届けてくれてありがとうございました。

心よりご冥福をお祈りいたします。