エンタメ

[動画]マヂカルラブリーM1のネタは?3位までは超激戦!

2020年のM1は激戦でしたね~。
見事グランプリに輝いたのは、マヂカルラブリーでした!

3年前は決勝に進出したものの、最下位で、審査員の上沼美恵子さんにもボロボロに言われたそうですが、本当に見事なリベンジでした。

今回は「[動画]マヂカルラブリーM1のネタは?3位までは超激戦!」と題しましてお届けします。 

[動画]マヂカルラブリーM1のネタ

マヂカルラブリーがM1で披露したネタを早速見てみましょう!

決勝1回目のネタです。
 

決勝2回目のネタです。

優勝が決まった時、野田さんは感極まって涙を浮かべていましたよね。
村上さんとの表情も対象的でした。

3年間見守ってきたファンも大喜びしていますね!

3位までは超激戦!

グランプリはマヂカルラブリーでしたが、3位までで行われた第2ラウンドは超激戦でした。

第1ラウンドの結果は、
1位:おいでやすこが 658点
2位:マヂカルラブリー 649点
3位:見取り図 648点、でした。

第2ラウンドでは、
審査員7名がそれぞれ1位と思うコンビを発表していくスタイルなのですが、
マヂカルラブリー 3票(富沢、志らく、礼二)
おいでやすこが 2票(松本、上沼)
見取り図 2票(オール巨人、塙)
獲得し、マヂカルラブリーがグランプリとなりました。

審査員は松本人志(14回目)、オール巨人(8回目)、上沼恵美子(8回目)、中川家・礼二(6回目)、富澤たけし(4回目)、立川志らく(3回目)、塙宣之(3回目)の7人で、3年連続、同じ審査員で行われました。

第1ラウンドから点数に大差がないですよね。
案の定、第2ラウンドの票も見事に割れました。

最後にマヂカルラブリーに票を入れた志らくさんも、第1ラウンドが終わった時点では、おいでやすこがの優勝を予想していたのですね。

おいでやすこがさんもとても面白かったですし、もしかすると、来年は3組とも大ブレイクするかもしれませんね。

それから、敗者復活戦から上がってきたインディアンスの田淵さんが面白すぎて、ぜひバラエティ番組を盛り上げてもらいたいと思ってしまいました。ボケなのに一人でしゃべり倒すところから「西のザキヤマ」と言われているようで、なるほど!って感じですよね。

まとめ

今回は「[動画]マヂカルラブリーM1のネタは?3位までは超激戦!」と題しましてお届けしました。

熱い激戦を制したのはマヂカルラブリーでしたが、おいでやすこがも見取り図も面白かったです。

今回はここまでとさせていただきます。
最後までお読みいただきありがとうございました。