エンタメ

豆柴の大群ミユキの転倒は爪痕残すため?クロちゃんか水ダウの演出?

12月30日に行われた「第62回 日本レコード大賞」の、最優秀新人賞の発表時に、最優秀新人賞を逃したグループ「豆芝の大群」のメンバーの一人、ミユキエンジェルが派手に飛び上がった後、着地に失敗するような形でステージに倒れこみました。

実際に見ていた私も、一瞬本当にびっくりしてしまいました。

その後、司会の安住アナから「密着番組の演出でした。心配させてすみません」とお詫びの言葉がありました。

今回は、「豆柴の大群ミユキの転倒は爪痕残すため?クロちゃんか水ダウの演出?」と題してお届けします。

豆柴の大群 転倒したのはミユキエンジェル

問題のシーンは、日本レコード大賞最優秀新人賞の発表時でした。

司会の吉岡里穂さんが「最優秀新人賞は、真田ナオキさんです!」と発表した瞬間、ステージに並んでいた豆柴の大群のミユキエンジェルが派手に両手をあげて飛びあがり、そのまま床に倒れこみました。

豆柴の大群だけをアップにしたものがこちらです。

これを観れば、演出であることはわかりますが、最初の動画のように全体を見ていたらひやっとしますよね。

緊張しすぎてパニックを起こしてしまったのかと本気で心配してしまったのは私だけではないはずです。

演出はクロちゃん?水ダウ?

司会の安住アナは、「先ほど、最優秀新人賞の発表の時、豆柴の大群のメンバーが倒れて、心配されてる方がいらっしゃるかもしれませんが、番組の密着が入ってたみたいで、ちょっとお芝居で、そういう演出だったみたいですね」と説明し、「本気で心配された方がいらっしゃったようです。大変、申し訳ございません。元気です」と謝罪しました。

では、この演出を考えたのは誰だったのでしょう?
可能性としては、次の3つが上がっています。

  1. 本人たち
  2. 豆柴の大群をプロデュースしている、安田大サーカスのクロちゃん
  3. 豆柴の出身番組であるTBS「水曜日のダウンタウン」の密着取材チーム

関係者は、「面白い印象を残そうと、本人たちが考えたみたいです」と、デイリースポーツの取材に答えたそうです。

でも、ネットでは、芸人でもない女の子が考えることではないという意見が多数で、圧倒的に、プロデューサーの安田大サーカスのクロちゃん、または密着番組のプロデューサーの指示ではないかと疑われています。

 

爪痕残すため?受賞者と番組に失礼と非難の嵐

レコード大賞は今年で62回も続く、歴史ある音楽番組です。

その場に笑いを持ち込むのは、場違い、失礼という非難の声が多く上がっています。

爪痕を残したい気持ちはわかりますが、ちょっと間違えてしまいましたね。

まとめ

今回は、「豆柴の大群ミユキの転倒は爪痕残すため?クロちゃんか水ダウの演出?」と題してお届けしました。

演出として爪痕を残すためにやったことであれば、受賞者にも番組にも失礼と言われても仕方ないと思います。

本人たちの考えたこと、という話もあるようですが、プロデューサー側からの指示を疑う声が多いのも納得です。

今回はここまでとさせていただきます。
最後までお読みいただきありがとうございました。