そよかぜの今日もワクワク
Have a nice break!
エンタメ

古沢良太の学歴(高校大学)と経歴!イケメン脚本家の嫁や家族についても!

松本潤さんが2023年の大河ドラマに主演することが発表になりました!

タイトルは「どうする家康」で、脚本は松本潤さんも大好だという古沢良太(こさわりょうた)さんです。古沢さんは、ドラマ「リーガルハイ」「コンフィデンスマンJP」「相棒」などの大ヒット作を手掛けた脚本家です。

今回は、「古沢良太の学歴(高校大学)と経歴!イケメン脚本家の嫁や家族についても!」と題しまして、古沢良太さんの学歴や経歴、家族などについてまとめました。

古沢良太の学歴(高校・大学)と経歴

学歴(高校・大学)

古沢良太さんの出身高校に関しては、まったく情報が見つかりませんでした。

大学は、東海大学文学部日本文学科を卒業しています。

東海大学には付属高校がいくつかありますので、もしかしたら東海大学の付属高校の出身かもしれませんねん。ざっと調べたところ、東海大学の付属高校は次の通りです。

  • 東海大学付属浦安高等学校(千葉)
  • 東海大学付属相模高等学校(神奈川)
  • 東海大学付属高輪台高等学校(東京)
  • 東海大学付属静岡翔洋高等学校(静岡)
  • 東海大学付属熊本星翔高等学校(熊本)
  • 東海大学付属諏訪高等学校(長野)
  • 東海大学付属札幌高等学校(北海道)
  • 東海大学付属福岡高等学校(福岡)

この中で出身の神奈川県にあるのは、東海大学付属相模高等学校です。

厚木市の本厚木駅からですと、東海大学付属相模高等学校の最寄り駅までは電車で22分ですので、十分通学できますね。

東海大学の卒業生には、春風亭昇太さんや井上康生さん、秋元梢さん、三木亜生さんなどがいます!東海大学出身の有名人といえば、スポーツ選手がとても多いのですが、芸能人も多いですね。

経歴

古沢さんは、中学生のころから“表現する仕事”をやりたいと考えていて、藤子不二雄さんに憧れていたこと、絵を描くのが好きだったので漫画家になりたかったそうです。

大学生の時に、時代にシナリオの学校に通ったもののあまり長続きせず、その後は独学で脚本の勉強を続けたようです。

「大学を出てからはどうしようもない人間でした」と本人も言っていますので、就職などはしていないようですね。

(引用元:夕刊フジ)

27歳の時、テレビ朝日が21世紀新人シナリオ大賞の作品を募集していることを知り、漫画家のアシスタントの物語「アシ!」を書き上げたところ、見事大賞受賞し脚本家デビュー。

その後は、『ALWAYS 三丁目の夕日』、『相棒シリーズ』、『探偵はBarにいる』など数々の人気作品を書いています。

イケメン脚本家の嫁や家族について

無口で人と話すのも苦手だという古沢良太さんですが、なかなかのイケメンですよね。

古沢さんのお嫁さんは、古沢さんが漫画家を目指していた頃に知り合ったそうなので、売れっ子脚本家になる前からのお付き合いということですね。

お二人の間には子供が2人いて、男の子と女の子が一人づつだそうです。

お子さんの年齢などはわかりませんでしたが、古沢さんが1973年生まれですので、もう成人している可能性もありますね。

まとめ

今回は、「古沢良太の学歴(高校大学)と経歴!イケメン脚本家の嫁や家族についても!」と題しまして、古沢良太さんの学歴や経歴、家族などについてまとめました。

古沢良太さんの出身高校はわかりませんでした。

大学は、東海大学文学部日本文学科を卒業しています。

27歳の時に、テレビ朝日の21世紀新人シナリオ大賞を受賞して脚本家デビューしました。

ご家族はお嫁さんとお子さんが二人いるそうですが、詳しい情報は公開されていないようでした。

2023年の大河ドラマ「どうする家康」で松本潤さんとのタッグもとても楽しみです! 

今回はここまでとさせていただきます。

最後までお読みいただきありがとうございました。