人物

柴咲コウの顔の歪みが増大?!老けただけなのか若い頃の写真も大調査!

女優、歌手としても活躍している柴咲コウさん。

デビューした頃は、その美しいお顔立ちに、「日本人もきれいになったな~」と思った人が多かったのではないでしょうか。

そんな柴咲コウさんももうすぐ40歳!

「老けた」と言われても、まあ仕方のない年齢ですが、それよりも、顔の歪みがとても気になりました。

今回は、「柴咲コウの顔の歪みが増大?!老けただけなのか若い頃の写真も大調査!」と題して、柴咲コウさんの顔の歪みについて大調査してみました。

柴咲コウの顔の歪みが増大?!

柴咲コウさんのお顔立ちは、日本人離れしている、というか、パーツもはっきりしていますし、バランスもよく、本当にお美しいですよね。

最近では、朝ドラ「エール」で演じた、オペラ歌手の双浦環、も美しかったですよね。

 

この時は、顔の歪みはあまり気になりませんでした。

ところが、「35歳の少女」の番宣で登場した時の顔を見てびっくりしました。
この下の動画のワイプの中の表情です!

この下の画像の左側の写真も、口元が左(こちらから見て)へ曲がっていますよね。
以前から、少し歪んでいるなとは思っていましたが、上のズームインの時には際立って歪んでいるように見えました。

でも、アラフォーで、あんなスッピン+やつれた風のメイクでも、あそこまできれいなのですから、美人なことに変わりはないですね!

老けただけなのか若い頃の写真も大調査!

それでは、いつ頃から歪みが目立ち始めたのか、時系列でみていきましょう。

まずは、1999年のPONDSのコマーシャルの時です。
「ファンデーションは使ってません」という台詞のCMで注目されましたね。

この時はほとんど気になりません。

2004年のオレンジデイズの時がこちらです。
オレンジデイズの時の柴咲コウさんが好き!という方も多いのではないでしょうか。

まだ、歪みはあまりわかりません。
少し、左に曲がっているかな、というくらいです。

何年だったかははっきりしなかったのですが、こちらのコフレドールのCMの時も美しいですね。
歪みはほとんど感じません。

2017年には、NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』で主人公の井伊直虎を演じましたね。

この頃、歪みがはっきりし始めている気がします。

2020年撮影と書かれている写真がこちらです

(引用元:ウィキペディア)

かなり口元が左にずれていますよね。

でも、相変わらず、きれいで、かっこよくて、歌上手くて、演技も上手くて素敵です!

まとめ

今回は、「柴咲コウの顔の歪みが増大?!老けただけなのか若い頃の写真も大調査!」と題して、柴咲コウさんの顔の歪みについて大調査してみました。

最後までお読みいただきありがとうございました。