話題

台風10号(2020)の進路予想!台風による停電リスク予想も!

2020年9月2日、台風9号に続き、台風10号が発生しました。

その前日から、ヨーロッパ中期予報センターが、太平洋で発達中の低気圧が台風(10号)になり、日本を直撃する可能性があると報じていました。

今回は、「台風10号(2020)の進路予想!台風による停電リスク予想も!」と題しまして、台風10号の進路予想および停電予想についてお伝えします。(随時更新あり)

台風10号の進路予想

台風9号も猛烈に発達していて、十分な警戒が呼び掛けられています。

台風10号は台風9号を上回る規模に発達する可能性があると報じられています。
そして、日本直撃のコースが予想されています。

気象庁の予想

(新しい情報が上になるように追加しています)

9月6日、台風10号が勢力を落とさずに、九州南部、奄美地方へ近づいています。
そのまま、北へまっすぐ上がっていくと予想されています。

気象庁は、台風に伴う風速25メートル以上の暴風域が、今後、九州全体を覆うとの新たな見通しを示しました。

JR九州の計画運休は7日も続く予定です。

9月3日、最初のヨーロッパ中期予報センターの予想より、進路がやや西側になりました。
ヤマト運輸は週末の九州での営業を止めると発表しました。
電車の計画運休など交通機関への影響も大きくなりそうです。

9月2日、「特別警報級」の勢力まで発達するおそれがあると気象庁が発表しました。

9月1日午後9時頃、小笠原諸島付近にある熱帯低気圧が「台風10号」に変わりました。

9月1日、気象庁が「日本の南を中心に海面水温が過去最高を記録」という情報を発信しました。
海面水温が上がる=台風発達の原因になるのだそうです。

8月31日の夜の時点では、気象庁は「台風に発達する見込み」との表現にとどまり、大きさや強さについては言及していません。
気象庁は、熱帯低気圧が台風に発達し台風発生となってから予報等を発表するようですね。

ヨーロッパ中期予報センターの予想

ヨーロッパ中期予報センター (ECMWF:European Centre for Medium-Range Weather Forecasts)は、1975年に設立された国際組織です。
中期気象予報を作成し、加盟国に配信しています。(加盟国22か国に日本は入っていません。)

台風の強さも大きさも観測史上最悪とは、恐ろしいです。

ヨーロッパ中期予報センターは、長期予想が良く当たると言われていますが、過剰な予測のことも多いようです。

しかし、今回は、気象庁も「特別警報級に発達する可能性がある」と報じていますので、過剰ではなさそうですね。

停電リスク予想

暴風の影響による停電リスクも発表されました。

赤色の「警戒」の地域がとても広いです。

まだ1日ありますので、できるだけの備えをしましょう。

まとめ

今回は、「台風10号(2020)の進路予想!台風による停電リスク予想も!」と題しまして、台風10号の進路予想および停電予想についてお伝えしました。

台風10号が9月5日~6日の週末にかけて西日本を直撃すると予想されています。

大きさも強さも、過去最大級になる可能性もあるとのことで、厳重な警戒が必要になりそうです。

今回はここまでとさせていただきます。
最後までお読みいただきありがとうございました。