話題

[最新]Go To Travelキャンペーンはいつからいつまで?

6月19日、やっと都道府県をまたぐ移動が解禁されましたね!

そんな中、新型コロナウイルスの感染拡大で落ち込んだ国内経済を、観光や飲食で盛り上げようという「Go To キャンペーン」が注目されています!

旅行が最大半額!など、お得度が高そうでとっても楽しみです。

今回は、「[最新]Go To Travelキャンペーンはいつからいつまで?」と題しまして、このキャンペーンの対象期間やお得な利用法について、利用者の観点からまとめてみました。

Go To Travelキャンペーンはいつからいつまで?

このキャンペーンが発表になった当初は、7月下旬のスタートが予想されていました

5月26日に行われた記者会見で、国土交通大臣の赤羽一嘉氏は「(スムーズに準備が整えば)7月初めにも開始したい」と発言していましたね。

しかし、スムーズに準備が整うどころか、この事業を委託する費用が高すぎると問題になり、事業委託費用の見直しが行われました。

その結果、6月16日の記者会見では次の3点が発表されました。

  • 事業委託費は総額3,095億円から上限2,294億円まで引き下げた
  • 事業委託先の公募を開始した
  • 8月の夏休みの早い段階での事業開始を目指して準備を進める

当初の予定に比べ、約1か月もの遅れとなってしまいましたが、順調に進めば8月上旬にもキャンペーンが開始される見込みです

では、キャンペーンはいつまで続くのでしょうか?

こちらについては、「一定の期間を定めて」との表記にとどめている情報ソースが多いですが、「6か月程度」「3月半ばまで」という記載も見られます。

国土交通省や観光庁の発表も探してみましたが、明記されているものは見つかりませんでした。(わかりましたら追記させていただきます。)

また、予約日を基準とするのか、旅行出発日を基準とするのか、なども明確にされていません。

ただし、事業費の総額は1兆6,794億円と決まっていますので、そこから上記の事業委託費(上限2,294億円)を引いた、1兆4,500億円に達した時点で早期終了となるのではないかとも考えられます。

ということで、予算が尽きないうちに予約は早めにした方が良さそうです。

おすすめの利用方法

Go To Travelキャンペーンの対象となるのは、

  • 旅行会社等が販売する旅行商品
  • 宿泊予約サイトおよび宿泊施設直販予約システムで販売している宿泊プラン

となります。日帰り旅行も対象です

注意したいのは、個人で手配する交通は対象にならない点ですね。

航空券だけを航空会社のサイト等から直接予約しても対象にはなりませんが、例えばJALパックなどを利用して「航空券+宿泊」の形で予約する場合は対象になります。



キャンペーンを最大限に活かすには、

  • 日帰りなら一人1万円
  • 宿泊なら1泊につき一人2万円

という補助額の上限を狙います。

つまり、日帰りなら2万円の商品、1泊なら4万円、2泊なら8万円、3泊なら12万円、というような商品を選ぶとコスパ最強となりますね。

遠方で旅行代金の高めの地域や、あまりセール商品が出ない地域などに行くにはチャンスではないでしょうか。

私はこの機会に、いつもはなかなか手の届かない高級旅館に泊まってみたいなと思っています。


まとめ

今回は、「[最新]Go To Travelキャンペーンはいつからいつまで?」と題しまして、このキャンペーンの対象期間やお得な利用法について利用者の観点からまとめてみました。

6月16日の記者会見では、8月の早い段階での開始を目指している、と発表されました。

事業委託費が高すぎるとの問題もありましたが、夏休みに間に合うように始まるとよいですね!

また詳細が判明しましたら、追記させていただきます。

最後までお読みいただきありがとうございました。

あわせて読みたい