話題

COCOA接触確認アプリの使い方・やめ方は?個人情報は大丈夫?

「新型コロナウイルス接触確認アプリ」(通称COCOA =COVID-19 Contact-Confirming Application)が6月19日午後3時頃公開されました。

このアプリは、簡単にいうと、「新型コロナウイルスに感染した人に、半径1m以内で15分以上近接した可能性があることを通知する」ためのアプリです。

今回は、「COCOA接触確認アプリの使い方・やめ方は?個人情報は大丈夫?」と題しまして、COCOAについて気になる点を調べてみました。

COCOAにできること

このアプリは、ブルートゥースを使って、ほかのスマートフォンとの近接した状態(おおむね1メートル以内で15分以上)を接触として検知し記録しておくものです。

これは、もし自分が感染した場合を考えると、とても素晴らしいアプリだと思いました。

感染した時に、まず気になるのは『誰かに伝染していないか?』ということですよね。

でも、2週間以内に会った人を全て記録しておくのも大変ですし、飲食店で近くに座っていた人や電車やバスで近くにいた人など、他人には連絡する方法がありません。

しかし、このアプリを入れていれば、『感染した』と入力(医療関係者から処理番号が提供されるので、デマやイタズラはできない)すれば、飲食店で近くに座っていた人、電車で隣に座っていた人にお知らせが行くのです。

そして、通知を受け取った人が早めに検査を受けたり自主隔離をすることで、感染拡大を抑える効果があるというものです。

COCOAアプリの使い方・やめ方

App StoreまたはGoogle Playで「接触確認アプリ」と検索してインストールします。

インストールしたら、アプリを一度開き、利用規約に同意したうえで、ブルートゥースを有効にすれば利用開始です。

なお、6月19日から1か月ほどは、試行版(プレビュー版)で、改善のため更新の可能性もあるとのことです。

情報は、本人のスマートフォンの中にのみ暗号化して記録され、14日が経過した後に自動的に無効になります。この記録は、端末から外部に出ることはなく、利用者はアプリを削除することで、いつでも任意に記録を削除できるようになっています。

つまり、COCOAの利用をやめるには、アプリを削除するだけで良いということですね。

プライバシーは大丈夫?

このアプリは、厚生労働省が進めたもので、Googleとアップルがタッグを組んで開発したフレームワークを利用するそうです。

Googleは個人のマーケティング情報をビジネスの中心にしていますが、アップルは個人情報の保護に非常にうるさいことで有名です。

そのアップルが、暗号化技術を使って個人を特定できない状態にしているので、個人情報が漏洩したりする心配はないと言われています。

新型コロナウイルスに感染したということが他の人に知られる可能性もなく、特定される可能性もなく、位置情報も記録しないそうです。

今回の正式リリースに関して、新型コロナ濃厚接触APIを共同開発および提供したアップルおよびGoogleは次のような共同声明を発表しています。

日本の新たな生活様式の下で コロナウィルス感染症の拡大抑制を図るために、厚生労働省が提供開始した新型コロナウイルス接触確認アプリ COCOA をApple と Googleは支援致します。同アプリは、Apple と Google のプライバシー保護技術を活用しており、利用するか否かは利用者が自由に選択でき、デバイスの位置情報を収集・使用することはありません。Apple と Google は今後も厚生労働省及び日本政府の取り組みを支援して参ります。(引用元:engaget日本版)

インストールは義務?

このアプリのインストールや利用は義務ではありません

厚労省は「広く利用されることで感染拡大の防止に繋がることが期待されます」として、強制はしないものの、国民に積極的な利用を呼びかけています。

このアプリが有効に動作するためには、できるだけ多くの日本にいる人がインストールする必要があるそうで、6割以上の人の利用が必要とも言われています。

感染拡大を招かないためにも、医療従事者を支えるためにも、積極的に利用したいですね。

まとめ

今回は、「COCOA接触確認アプリの使い方・やめ方は?個人情報は大丈夫?」と題しまして、COCOAについて気になる点を調べてみました。

諸外国でも似たようなアプリを使って感染拡大を抑えようとしていますよね。

アプリをインストールして、ブルートゥースをオンにするだけですし、プライバシーも保護されるようなので使ってみようと思いました。

今回はここまでとさせていただきます。

最後までお読みいただきありがとうございました。