イベント

浅草花やしきイルミネーション2019の営業時期は?料金とアクセスも

こんにちは。

あちこちでライトアップが始まり、冬本番という感じですね。
通りのライトアップも素敵ですが、遊園地のイルミネーションも
色々な工夫がされていて楽しめますよね!

今日は、「浅草花やしきイルミネーション2019の営業時期は?料金とアクセスも」と題しまして、日本最古の遊園地である浅草花やしきのイルミネーションについてご紹介します。

浅草花やしきイルミネーションの2019営業時期は?

2019年の花やしきのイルミネーションは、12月8日(日)に始まり、14日(土)、15日(日)、21日(土)~31日(火)の営業です。時間は18:30~21:00です。
こちらは15歳以上の人のみ入場可能なイベントとなり、
保護者同伴でも14歳以下は入れませんので気をつけましょう。

例年、このイベントは、アトラクションが乗り放題になることを楽しみにしている方もいますよね。今年も、以下の6アトラクションが乗り放題になるようです!

  • お化け屋敷
  • ビックリハウス
  • スワン
  • メリーゴーランド
  • ローラーコースター
  • ディスクオー

他にも、大きなハートのフォトスポットやハートのベンチ、しあわせ橋などフォトスポットもたくさん!20分間隔で開催される「光と音と水の噴水ショー」も必見ですね!

そして、今年のテーマは「あえるかも、ルミヤシキ」。
入場時に全員に光るブレスレットがプレゼントされるのですが、
その色を自分で選べるのです!

ピンク 恋人募集中
イエロー 夕闇仲間募集中
レッド 友達募集中
ブルー 恋人&友達どっちも募集中
グリーン そっとしておいてください

色による意思表示ですか~。なるほど、なるほど。
ピンクのブレスレットをしていたら声かけやすいし、
カップルはグリーンをつけて二人の世界を楽しんでね、ということですね。
なかなかわかりやすくて良いのではないかと思います。

もう一つ、入場時にもらえるのが、半分に切ったカード。
二つ合わせると一枚の絵が完成する絵合わせゲームですね。
これも初めての人との会話をスタートするきっかけ作りになりますね。

浅草花やしきイルミネーション2019の料金とアクセス

花やしきイルミネーション「ルミヤシキ」の料金は、通常の入園料と異なります。

入園料は税込み2500円。子供料金はありません。
(繰り返しますが、保護者同伴でも15歳未満は入れませんよ~)
入園招待券、その他優待券などはこちらのイベントには使えませんので気をつけましょう。

当日券は18:30より浅草門にて販売開始
(17:30~18:00の間は入園できないそうです。)

花やしき浅草門の入り口(浅草寺に近い方)の場所はこちらの地図でご確認ください。

花やしきに駐車場はありませんので、公共交通機関が便利です。
つくばエクスプレス「浅草」駅から徒歩3分
地下鉄銀座線・地下鉄浅草線・東武スカイツリーライン「浅草」駅から徒歩5分

浅草寺や仲見世通りを楽しんでから、夜は花やしきイルミネーションで、という1日たっぷり浅草満喫コースも楽しめそうですね。

まとめ

「浅草花やしきイルミネーション2019の営業時期は?料金とアクセスも」と題しまして、日本最古の遊園地である浅草花やしきのイルミネーションについてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

開催日は12月8、14、15、21から31日まで、とやや変則的です。
時間は18:30-21:00。
料金は一律2500円(税込)。14歳以下は入場できません。
最寄り駅は「浅草」。ルミヤシキの入園券は浅草門にて18:30に販売開始です。

入場時にもらえる光るブレスレットの色で、その人がどのように過ごしたいか意思表示するので、出会いを求めるもよし、二人の世界に浸るのもよし、ですね。

それでは今日はここまでとさせていただきます。

最後までお読みいただきありがとうございました。