私たちはどうかしている

私たちはどうかしている最終回ネタバレ!わたどうの犯人は誰?

8月12日(水)22:00~日本テレビにて放送が始まったドラマ「私たちはどうかしている」(略して「わたどう」)。

横浜流星さん、浜辺美波さんW主演、着物、和菓子、和風建築など、全てがとても美しく、目の保養になっている方も多いのではないでしょうか。

一方で、椿の父親を殺した真犯人は誰なのかも気になりますよね!

「私たちはどうかしている最終回ネタバレ!わたどうの犯人を予想!」と題しまして、気になる最終回や椿の父親を殺した真犯人について予想してみました。

最終回ネタバレ結末

「私たちはどうかしている」は、累計発行部数200万部を誇る大人気少女漫画を原作とするドラマです。

原作漫画も大人気なのですが、ドラマ放送開始時点で、まだ結末を迎えていないのです。

(漫画は2017年4月に第1巻、2020年8月12日に第13巻が発売されています)

そのため、ドラマの結末や最終回もオリジナルになる可能性もありますね。

ドラマは、「あなたの番です」のチームが制作しているようですので、かなりひねってくることも考えられますね。

漫画の結末とドラマの結末にどのような違いが出てくるかも楽しみです。


ドラマでは、7話の終わりに、浜辺美波さん演じる七桜が、

「今の光月庵には消えてもらうから」、と光月庵の乗っ取りを企んでいるような発言をしていました。

それでは、ここからの展開を、原作漫画をベースに予想してみます。

新進気鋭の和菓子屋『花がすみ』に、由緒ある五月雨亭の仕事を奪われたことに衝撃を受けた光月庵の面々。名誉挽回のため、椿(横浜流星)は次の週に迫った五月雨亭・新春園遊会の選定会に向け、久々に自分で御菓子を作ることを決める。(出典:番組HP)

一方、光月庵で働いていた栞は、偶然、七桜と再会。

七桜は「光月庵の菓子は椿さんが作っていない、そんな店に負ける気がしないから」と宣戦布告しました。

選定会当日、七桜と椿は庭で遭遇しますが、椿には七桜が見えていないようです。
3年前の火事で目を痛めてしまい、よく見えない日があり、そのためお菓子作りからも離れていたのですね。

選定会で七桜が作ったお菓子は審査員を魅了しましたが、結果は光月庵の勝利でした。
どうやら、女将の今日子が審査員にわいろを渡していたようです。

その後、花がすみを視察しに椿は七桜と対面し驚きます。

「なぜ黙って姿を消した?」と責める椿に、

「待っていても何も変わらなかった。私は桜なんだよ」と七桜。

そこに多喜川も現れて「彼女のことを傷つけるのは許さない」と。

一方、栞は「椿の子を妊娠した」と言い出し。。。

この四角関係に加え、光月庵を継ぐのは誰になるのか、今日子に天罰は下るのかなどなど気になることが盛りだくさんですよね。

本当にあと1話で終わるのかと不思議に思ってしまいますが、それだけ最終回は濃厚な内容になると期待できますね!

犯人は誰?

ドラマ第1話では、15年前に横浜流星さん演じる椿の父親が殺害。
当時まだ幼かった椿の証言から、浜辺美波さん演じる七桜の母親が容疑者として捕まりました。

七桜の母親は「私は何もやってない」と否認しますが、収監中に病死しました。
七桜へ残した手紙には、たった一行「私は何もやっていない」とだけ記されていました。

では、真犯人は誰なのでしょう?

椿の父親と七桜の母親は不倫していました!

その腹いせに椿の母親も不倫していました。その相手は多喜川薫の父親(未出演)でした。

椿は、父親の不倫を知っていました

そして、第7話では、少しヒントが与えられたように思いました

この背景をベースに、疑わしい3名をチェックしていきましょう。

多喜川薫(山崎育三郎さん)の父親(吉川晃司?)

この役柄の配役はまだ発表されていないので、画像がありません。
原作では女将の不倫相手です。

女将に夢中になっていて、女将に頼まれて殺害した、という可能性はありますよね!

相関図にもない役柄なので、果たしてドラマ版には登場するのか、本当にキーマンであるのか、登場するとしたら誰が演じるのか、などなど気になります。

溝口議員

女将と昔から、並々ならぬ関係にあったようです。

議員になるための献金と引き換えに、女将の指示の元、実際に手を下した可能性もありますね。

 

山口さん(職人)

これまでは、唯一、椿の味方のような印象を受けていましたが、彼も昔から光月庵に務める職人です。過去を知っている可能性もありますね。

 

現段階で怪しいのは上記3人です。

これまで怪しいリストに入っていた以下の3人は、実行犯ではなさそうです。

光月庵女将(観月ありささん)

女将には、不倫している夫を憎んでいるという犯行動機がありますよね。
ただし、女将は事件の夜、椿と同じ部屋で寝ており、椿は女将がずっと隣で眠っていたことを覚えていたため、女将にはアリバイがありました。

しかし、椿が嘘をついている可能性もありますし、女将が誰かにやらせた可能性もありますよね。

大旦那には、椿が不倫相手の子供だと言われ続け、厳しい立場の女将の壮大な計画の一部に過ぎないのかもしれません。

観月ありささんの怖すぎる演技に、「黒幕は女将では?」という想像が膨らんでしまいます。

七桜の母親(中村ゆりさん)

娘の七桜へは「私は何もやってない」という手紙を残しましたが、不倫に苦しみ、樹と心中を考えていたようです。

事件の夜、樹と密会していた百合子は、樹に「一緒に死のう」と言います。

現場に残されていたナイフには百合子の指紋が残っていました。

百合子がナイフを用意して一緒に死のうとし、樹が自殺をしたものの百合子はできなかった、という可能性はありますかね?

それにしては、翌朝普通に仕事着で働いていましたし、百合子が犯人説は薄いかなと思います。

椿(森島律斗くん → 横浜流星さん)

椿は幼いながらに、父親の不倫を知ってしまいます。
それも相手は大好きな七桜の母親でした。
二人がキスしているのを見てしまったのです。

言われてみれば、ドラマでは七桜の父親についての情報ってほとんどありませんよね?

七桜の父親は、椿の父親だったのですね。
でも、椿の本当の父親は別の人なので、七桜と椿に血縁関係はないことになります。

椿が犯人だとすると、心中しようとしている二人を止めようとした際に、事故的に包丁が刺さってしまった可能性はないでしょうか?そうだとすると事件ではなく事故になりますね。

でも、七桜の母親を許せない椿は、百合子が犯人だと指さしたのかもしれません。

見逃した方、もう一度見たい方はHuluで!

まとめ

今回は、「私たちはどうかしている最終回ネタバレ!わたどうの犯人を予想!」と題しまして、気になる最終回や椿の父親を殺した真犯人について予想してみました。

ミステリー感あり、ドロドロの女の愛想劇あり、でも映像がとても美しくて、「ありえない!」と思いつつ、ついつい見入ってしまうドラマですよね。

原作も完結していませんが、原作通りに展開するのか、はたまたドラマオリジナルの結末となるのか、とっても気になります。

今回はここまでとさせていただきます。
最後までお読みいただきありがとうございました。